国内レース他 ニュース

投稿日: 2018.07.31 07:37
更新日: 2018.07.30 14:40

ENDLESS SPORTS 2018スーパー耐久第4戦オートポリス レースレポート


国内レース他 | ENDLESS SPORTS 2018スーパー耐久第4戦オートポリス レースレポート

ENDLESS SPORTS
スーパー耐久シリーズ 2018第4戦

開催日:2018年7月14~15日
サーキット:オートポリス(大分県)
チーム体制:エンドレススポーツ
マシン:3号車 ENDLESS GT-R
ドライバー:YUKE TANIGUCHI/山内英輝/銘苅翼

予選結果:クラス2位
決勝結果:クラス5位
シリーズランキング:ST-X CLASS 6位

[予選/7月14日(土)]3号車 2番手

Aドライバー/YUKE TANIGUCHI……3位 13:45~ 10分間 ドライ
Bドライバー/山内英輝……3位 14:45~ 10分間 ドライ
Cドライバー/銘苅 翼……3位 15:45~ 20分間 ドライ

 なにかが噛み合わない。エンドレスとして30年近くレースを続けてきたが、ここまで結果を残せないシーズンはなかったように思う。たしかにスーパー耐久というレースは、表彰台のてっぺんを狙えるだけの戦闘力を備えたマシンであってもツキがないと勝てない。それどころか表彰台の一角さえ遠のいてしまう。
 
 まさに今の当チームはそんな状況のなかで、もがき苦しんでいる。今シーズンに入ってマシンの戦闘力はメカニックの頑張りもあり、確実にアップしている。
ドライバーもYUKE TANIGUCHI、山内英輝に加え、銘苅翼も非凡な走りを見せている。

 スタッフ全員が「今度こそ……」という気持ちでオートポリスに乗り込んだ。
それなりに標高のある阿蘇山の中腹にあるサーキットとあって、下界に比べればいいのかもしれないのだが、それでもピット内でも30度を越え、太陽が直接当たるところでは40度に達しようかという、まさに夏のレースとなったオートポリス。

 予選、速さを見せたのは富士24時間を休戦した24号車。AドライバーのYUKE TANIGUCHIは「もう少ししっかりとタイヤを温めていたら……。コンマ5秒くらいは詰められた。悔しい」とトップの24号車から0.669秒遅れの3番手。このタイム差をひっくり返すのはかなり厳しいが、Bドライバーの山内も必死のアタックを見せる。
 
 山内は圧倒的な速さを見せるアウディ軍団の中に割って入る形で山内も3番手につける。このセクションでは24号車の前に出た形だがA+Bの合算タイムでは、24号車に0.181秒ほど足りず2番手。ただ、逆転するには十分なポジションにはつけることに成功できたので、Cドライバーの銘苅は明日の決勝に向けたチェックを念入りに行なった。

ENDLESS GT-R
ENDLESS GT-R

[決勝/7月15日(日)]3号車 5位

11:39スタート 5時間レース(16:42チェッカー)ドライコンディション

 5時間という長丁場の決勝レース。この日も30度超え……。暑さとの戦いでもあった。今回は3回以上のピットストップ、AドライバーのYUKE TANIGUCHIは160分以上、Bドライバーの山内は120分以内の走行が決められている。
 
 当然、鍵を握るのは各チームともCドライバーとなる。当チームは銘苅をスタートドライバーにおき、チャンスを広げる作戦をとった。

 午前11時39分過ぎ、コースからセーフティカーが抜け、スタートが切られる。
まずまずのスタートを切った銘苅だが24号車も簡単には前に出させてくれない。それどころかスタートから1、2コーナーにかけてのトップ争いに決着がつくと、24号車は圧倒的な速さで逃げていく。これに対し、当チームのGT-Rはもう一つ伸びがなく、じわじわと引き離されてしまう。

 4ラップ過ぎ、アウディ勢の一角に2番手、13ラップ過ぎには3番手の座を奪われてしまう。ここから銘苅は激しい3番手争いを繰り広げることになる。25ラップ過ぎ、厳しい戦いが続いているためか、タイヤの消耗が一気に進み、3番手のポジションを守るのも厳しくなっていく。


国内レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
福江菜々華(ふくえななか)

国内レース他 Photo Ranking

フォトランキング