国内レース他 ニュース

投稿日: 2021.05.10 17:39
更新日: 2021.05.10 18:10

ブリヂストン TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2021第2戦富士 レースレポート


国内レース他 | ブリヂストン TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2021第2戦富士 レースレポート

激しい攻防を見せた若手ふたりのトップ争い、その間隙を突いて菱井将文が2位を獲得

開催場所:富士スピードウェイ
開催日:2021年5月8~9日

 エキスパートクラスは、若手ドライバーたちの熱い戦いが繰り広げられる。プロフェッショナルクラスへのステップアップを目指す、さらにはその先の本格的なプロドライバーを目指す、といったドライバーたちの舞台となっているのだ。
 
 今回の注目は、昨年シリーズ2位で、今シーズンはチャンピオンを狙っている#556呉良亮(ブリヂストン)。富士は単なるホームコースというだけでなく、仕事で数多くの時間を過ごしている。だからこそ、今回のレースに賭ける意気込みは強かった。エントリー台数は29台。半数近くがブリヂストンタイヤを装着している。

●予選

 しかし、この週末、ピカイチの速さを見せていたのは#522地頭所光(ブリヂストン)だった。すべてのドライバーが彼をターゲットにしていたことは間違いない。

 そして予選、その地頭所を抑え、一発でトップタイムをもぎ取ったのは呉だった。さまざまなコンディションの中でテストを繰り返し、狙っていた初のポールポジションを手にした。
 
 2番手には地頭所、3番手は#703花里祐弥(ブリヂストン)が入った。そして、そうした若手ドライバーたちの壁ともいえるベテラン#38神谷裕幸(DL)が4番手に続いた。ブリヂストン装着勢は、トップ10に5台が入った。

2位となった菱井将文(徳島トヨタBS86)と3位呉良亮(86RACER'SIDI86)
2位となった菱井将文(徳島トヨタBS86)と3位呉良亮(86RACER’SIDI86)

●決勝

 レースペースに自信を持っていた地頭所がどのタイミングで仕掛け、オーバーテイクするのか? それを呉は防ぎ切ることができるのか? そうしたレース前の予想が、現実にコースの上で展開された。
 
 スタートではふたりの間隔が維持され、呉がトップで1コーナーへ。その後ろでは、神谷が3番手に上がった。レース前半を抑え気味にし、後半勝負とした地頭所は4周目からジリジリと差を詰めてテール・トゥ・ノーズに。そして7周目、シフトミスをした呉を無理なくオーバーテイク。だが呉も引き離されることなくバトルは続き、8周目の1コーナーでトップを奪い返す。
 
 そのままの超接近戦はファイナルラップまで続き、最終コーナー、イン側のラインを選択した地頭所。しかしマシンをスライドさせてしまい、アウト側に居た呉に接触。呉選手は大きくテールスライドさせてコースオフ、4番手へとドロップした。

 地頭所はトップでチェッカーフラッグを受けたものの、レース後の審議で30秒のペナルティを与えられて21番手へ。優勝は神谷、2位に#380菱井将文(ブリヂストン)、そして3位に呉ということになった。4位となった花里を含め、ブリヂストン装着勢はトップ10に3台となった。

●クラブマンシリーズ・エキスパートクラスで2位を獲得した#380菱井将文

「予選では新品タイヤを使い切れなくて4周目にベストが出たという感じになり、6番手。ただロングのペースには自信があったので、決勝では追いあげていけると思っていたんです」

「スタートで5番手に上がって、先頭集団についていったんです。ファイナルラップに4番手に上がって、最終コーナーの進入で並びかけてみたら、トップ2台が接触して、3番手に上がることができました」

 タイヤはペースが抑えられていたこともあって、最後までペースを落とさず走り切ることができました」
※レース後の審議によって2位へと繰り上がった。

■次のページへ:TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2021 クラブマンシリーズオープン 第2戦


関連のニュース