F1ドライバー

F1 | シャルル・ルクレール(Charles Leclerc) 2024年

シャルル・ルクレール(Charles Leclerc)

モナコ / スクーデリア・フェラーリ /

ゼッケンNo. :16

●国籍:モナコ
●生年月日:1997年10月16日(26歳)
●身長/体重:179cm/69kg

シャルル・ルクレール関連ニュースまとめ

2023年成績
●出走:22回
●優勝:0回
●表彰台:6回
●入賞:16回
●完走:17回
●PP:5回
●ドライバーズランキング:5位/206ポイント

通算成績
●F1デビュー:2018年第1戦オーストラリアGP
●在籍チーム:ザウバー(2018年)→フェラーリ(2019年~)
●出走:125回
●優勝:5回
●PP:23回
●表彰台:30回
●ドライバーズ選手権最上位:2位(2022年/フェラーリ)

■シャルル・ルクレール:プロフィール

 モナコ出身というと超高級セレブを想像しがちだが、経済的に恵まれていたということではない。

 父エルベも元レーシングドライバーで、F3まで進出した実績を持つ。その父と交流関係のあったジュール・ビアンキの父親がカート場を経営しており、4歳のときに初ドライブを体験。8歳になる2005年から、本格的にカートでのレース活動を開始した。

 若年層で争われるフランス選手権では、複数のタイトルを獲得。10年には母国モナコの、より上級クラスの選手権も制した。この10年がキャリアの転機となる。

 すでに家族支援によるレース活動資金は尽きかけていたが、8歳年長のビアンキの口利きによって、ジャン・トッドFIA会長の息子ニコラが手がけるドライバーマネージメント会社に所属。バックアップを受けたことで、途絶えかけていたキャリア続行がかなった。

 11年からはより国際的な舞台でカート活動を続け、さらにタイトルを積み重ねるとともに順調なクラスアップを果たす。カート生活は13年までで、当時マックス・フェルスタッペンらとすでに覇を競い合う関係にあった。

 14年からフォーミュラレースに転向し、1年で入門カテゴリーのフォーミュラ・ルノーを通過。翌15年には、F3のヨーロッパ選手権に参戦する。ここでもルーキーオブザイヤーに輝き、年末のオーディションテストを経て、GP3進出の切符を手にした。なおこの15年には、良き先輩であり自分のキャリアを拓いてくれたビアンキを亡くすという、悲しい出来事もあった。

 16年3月には、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)選出。いよいよF1進出への道を、ぐっと引き寄せる。第10戦のシルバーストン開催ではハースからFP1出走、F1ドライブを体験する。

 GP3ではアレクサンダー・アルボンらをチームメイトに闘い、この年コンスタントに好成績を出し続けた。アルボンを2位に従えて、シリーズチャンピオンを獲得する。次なる舞台は17年を機にGP2から改称された、FIA F2。シリーズ名称は変わっても、これまで多くのF1ドライバーを輩出してきた登竜門だ。

 ここでもルクレールは、順応性の早さと才能の輝きを発揮する。開幕戦からポールポジションを獲得し、レース1は3位に終わるも同2で優勝を果たす。その後、紆余曲折もありながら、最終的には7勝を挙げてまたもステップアップ1年目のチャンピオンシップ制覇となった。しかし、このF2タイトル目前にして、父が54歳の若さで他界した。

 この年はザウバーのリザーブドライバーも務めており、計4戦でFP1の走行を担当した。ザウバーはこのシーズンを終えてアルファロメオをチームのタイトルスポンサーに迎え、フィアットを介して、フェラーリとの関係性をより強固なものとする。そしてルクレールは、残留のマーカス・エリクソンとともに18年「アルファロメオ・ザウバー」のレギュラードライバーに指名された。カーナンバーは16を選択する。

 F1デビューシーズンはすでにキャリア5年目のエリクソンに開幕当初は劣勢だったが、才能は徐々に頭角を現し始める。第4戦アゼルバイジャンで初のQ2進出を果たすと、レースでもストリートコースの乱戦をくぐり抜け6位フィニッシュ。デビュー4戦で初入賞を決めた。その後はQ2はおろかQ3進出もめずらしいことではなくなり、コンスタントにレース入賞も続ける。速く、かつ安定したドライバーとして、評価は1戦ごとに高まっていく。シーズン中盤には、翌19年のフェラーリ昇格のうわさも流れ始めた。

 そして、その説は現実のものとなる。9月、キミ・ライコネンと入れ替わる形で、ルクレールの19年フェラーリ加入が発表された。シーズン終了後のアブダビ居残りテストでは、19年に先立つ形で早くもそのステアリングが託される。

 冬の新車テストを経て、臨んだシーズン。ルクレールは第2戦バーレーンでF1初ポールポジションを獲得すると、レースでも独走態勢を築く。しかしながら終盤にエンジントラブルが発生し、3位まで下げてレースを終えた。F1初表彰台ではあったが、眼前の優勝を取り逃す形だ。第9戦オーストリアでのポールポジションも優勝にはつなげられず、シーズンは終盤戦に向かう。そして、ようやくサマーブレーク明けの第13戦ベルギー。ポール・トゥ・ウインが念願のF1初優勝となった。

 2勝を挙げた前年とは一転、2020年は出だしから厳しいスタートとなった。プレシーズンテストの段階でフェラーリの2020年型マシン『SF1000』のパフォーマンス不足が明らかになったのだが、それでもルクレールは第1戦オーストリアGPで2位に入賞。第4戦イギリスGPでは3位に入賞したが、2020年の表彰台獲得はこの2回のみにとどまった。

 それでも続く第5戦70周年記念GPでは1ストップ作戦で走り切るなど自身のポテンシャルを遺憾なく発揮し、厳しい1年ではあったが、ルクレールはチームメイトのセバスチャン・ベッテルを上回る成績を残した。

 フェラーリで3年目となった2021年は、第5戦モナコGPの予選でQ3最終盤にクラッシュを喫するも、ポールポジションを獲得。ところが決勝直前になってマシンにトラブルが見つかり、母国レースを走ることができなかった。続く第6戦アゼルバイジャンGPでもルクレールはポールポジションを獲得し、第10戦イギリスGPではレース後半にルイス・ハミルトン(メルセデス)に抜かれるまでは首位を走行。最終的に2位に入賞したが、2021年の表彰台獲得はこの1回のみとなった。

 フェラーリF1-75のパフォーマンスが高かったこともあり、2022年は開幕戦で優勝を飾る幸先の良いスタートを切った。第2戦では惜しくも敗れたが、第3戦では再び勝利。前年王者のフェルスタッペンを早くも引き離す勢いを見せたフェラーリとルクレールは、第3戦オーストラリアGPでキャリア初のグランドスラムを達成した。だがヨーロッパラウンドに入ると戦略のミスやトラブル、自身のミスなどで勝利には届かなレースが多く、その後の勝利は第11戦オーストリアGPのみだった。選手権ではセルジオ・ペレスを2位争いを演じ、同点で迎えた最終戦アブダビGPで2位に入賞したことで、選手権2位を獲得した。

 2023年は未勝利に終わったルクレール。表彰台は6回と前年の半分ほどにとどまったが、予選ではポールポジションが5回と一発の速さは健在だった。優勝はなかったルクレールだが、ラスベガスGPでは最終ラップにセルジオ・ペレスから2位の座を奪い取る渾身のオーバーテイクを披露。また最終戦ではコンストラクターズ選手権争いを有利に進めるためにライバルをわざと選考させるなど、頭脳プレーでもチームに大きく貢献した。

公式サイト:
https://www.charlesleclerc.com/
Facebook:
https://www.facebook.com/CharlesLeclercOfficiel/
Instagram:
https://www.instagram.com/charles_leclerc
Twitter:

年度別ドライバー

シャルル・ルクレール最新ドライバーニュース

シャルル・ルクレールの最新画像

スクーデリア・フェラーリのドライバー