レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2024.02.04 07:30
更新日: 2024.02.02 15:50

レッドブルF1は新車『RB20』の開発において最初の目標を達成。進歩を期待も、代表は慎重な姿勢を崩さず

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | レッドブルF1は新車『RB20』の開発において最初の目標を達成。進歩を期待も、代表は慎重な姿勢を崩さず

 レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、自信を見せながらも慎重なコメントのなかで、2024年型マシン『RB20』の開発目標を達成しつつあることを明かしたが、前マシンの驚異的な成功を考えると、新しいRB20は「高い期待に応えなければならない」ことを認めている。

 2022年にF1にグラウンドエフェクトレギュレーションが導入されて以来、レッドブルはどのチームよりもずば抜けており、この2シーズンは連続でコンストラクターズ選手権とドライバーズ選手権のタイトルを大差をつけて獲得した。2023年シーズンにおけるレッドブルの敗北は、22戦のなかでシンガポールGPでフェラーリとカルロス・サインツに味わわされた1回だけであり、レッドブルの技術的な優位性とマックス・フェルスタッペンの輝きが相まって、ライバルを打ち負かすことができた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース