F1 ニュース

2017.04.06

セナのマシンがイタリアに集結。ランボルギーニ、セナの生涯を振り返る特別展開催


F1 | セナのマシンがイタリアに集結。ランボルギーニ、セナの生涯を振り返る特別展開催

 ランボルギーニは伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナの生涯を車両展示と写真展で振り返る特別展示『アイルトン・セナ:tha man and the legend』を4月12日から10月9日まで、イタリア・サンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ・ミュージアムで開催する。
 
 この特別展は1993年当時、ランボルギーニ製V12エンジンを搭載したF1マシンをセナがテストドライブしたことを記念して行われるもの。

“アイルトン・セナを一人の人間そしてスポーツマンとして見つめ直すこと”をメインテーマとする同展では、会場にセナがF1デビューから生涯を閉じるまでにドライブしたレーシングカーを一同に集める。

ランボルギーニ・ミュージアム
ランボルギーニ・ミュージアム

 展示車両は、セナのF1デビューマシンのトールマン、初優勝を飾ったJPSロータス、数々の成功をもたらしたマクラーレン、最後のマシンとなったウイリアムズなどのF1マシンをはじめ、カート、イギリス選手権とヨーロッパ選手権でチャンピオンを獲得した2台のフォーミュラ・フォード、イギリスF3選手権とF3マカオGPを制したラルトまで、多岐にわたる。

 また、マウロ・フォルギエル設計のランボルギーニF1、93年のテストで使用したホワイトボディのマクラーレン、ランボルギーニV12エンジンも展示予定。

 同時開催の『アイルトン・セナ、最後の夜』と題した写真展は、フォトグラファーのエルコーレ・コロンボと、ジャーナリストのジョルジオ・テルッツィが企画・監修を行なった。

 写真展では、もっとも偉大なF1ドライバーとして賞賛されたセナの初レースからF1デビュー後の勝利と敗北、ライバルとの関係、最後の夜、悲劇的な事故、事故後の数時間と結末といったセナの人生の軌跡を、写真とナレーションで振り返ることができる。

ランボルギーニ・ミュージアム
ランボルギーニ・ミュージアム

 4月12日のオープニングにはランボルギーニ社長兼CEOのステファノ・ドメニカリも出席。また、特別展の開催期間中はランボルギーニの最新旗艦モデル、アヴェンタドールSと、ニュルブルクリンクで市販モデルで史上最速ラップタイムを記録したウラカン・ペルフォルマンテも展示される。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
松田蘭(まつだらん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング