F1ニュース

2017.05.14

F1スペインGP決勝:ベッテルとの一騎打ちを制しハミルトンが今季2勝目、アロンソはスタート直後に接触


F1 | F1スペインGP決勝:ベッテルとの一騎打ちを制しハミルトンが今季2勝目、アロンソはスタート直後に接触

 5月14日、F1第5戦スペインGPの決勝が行なわれた。日曜日は週末で一番の暑さとなり、気温24度、路面温度43度と、肌を焼くような強い陽射しによってタイヤにとっては厳しいコンディション。

 ソフトタイヤはミディアムに較べて2~2.5秒と格段に速いものの、熱によるデグラデーションを考えれば寿命は20~25周程度とみられており、ロシアGPとは対照的なマルチストップの決勝になりそうな予感が漂う。風は強くターン9からのバックストレートで追い風になる難しい風向きだ。

 予選19位のストフェル・バンドーンはESとCEにセンサートラブルが見つかったため今季5基目となる新品に交換して計10グリッド降格ペナルティを受け、最後尾から決勝に臨む。ほぼ全車がソフトタイヤで、グリッド後方のジョリオン・パーマー、ダニール・クビアト、バンドーンのみがミディアムでスタートした。

F1スペインGP決勝スタート
F1スペインGP決勝スタート

 スタート加速で優ったセバスチャン・ベッテルがターン1までにポールシッターのルイス・ハミルトンの前に出てホールショットを奪ったが、その後方ではターン1のイン側にいたバルテリ・ボッタスに後ろからヒットされたキミ・ライコネンがマックス・フェルスタッペンに接触し、2台ともにサスペンションにダメージを負ってリタイア。

 その直後にいたフェルナンド・アロンソはターン2でアウト側からフェリペ・マッサを抜こうとして接触しコースオフして13位まで後退してしまう。

 これで順位はベッテル、ハミルトン、ボッタス、ダニエル・リカルドのトップ4に、5位セルジオ・ペレス、6位エステバン・オコンとフォース・インディア勢、そして7位にニコ・ヒュルケンベルグ、8位ケビン・マグヌッセン、9位カルロス・サインツJr.、10位ロマン・グロージャンというトップ10になり、アロンソは1周目のうちザウバーを抜いて11位まで挽回してきた。

 首位に立ったベッテルはじわじわとハミルトンとの差を広げていき2.5秒に。これに対してメルセデスAMG陣営は2ストップ作戦から3ストップ作戦への変更を検討する。

 その後方のボッタス、リカルド、フォース・インディア勢の間隔もそれぞれ徐々に開いていき、アロンソは10位グロージャンに引っかかって本来のペースで走ることができないでいる。

 12周目にアロンソ、バンドーン、ストロールがピットインし、ソフトタイヤに交換。続いて翌13周目にはその前で順位を争っていたマグヌッセンとサインツが同時にピットインし出口でサインツがグリーンにはみ出してあわやという場面も。アロンソは13位まで後退し、今度はピットストップを終えたクビアトに引っかかってしまう。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ケースペックグループ/2019TAS
新井彩香(あらいあやか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング