F1 ニュース

投稿日: 2016.05.16 03:56

開幕戦を終えた、福住の手ごたえ「GP3は予選とスタートで上位にいることが大事」


F1 | 開幕戦を終えた、福住の手ごたえ「GP3は予選とスタートで上位にいることが大事」

 F1スペインGPと併催のGP3開幕戦レース1で、3位表彰台に立った福住仁嶺。だが、5月15日に行われたバルセロナの決勝レース2は、まざまざと厳しさを見せつけられる展開となってしまった。

 前夜の雨により、グランドスタンドの影に隠れたメインストレートだけはダンプ状態という難しいコンディション。それでも福住は6番グリッドから好発進を決めたが、1周目の混乱の中で14位まで順位を落としてしまう。

「昨日はクラッチミートが少し足りなかったので、今日はいろいろ考えすぎてしまって、つなぎすぎでものすごくホイールスピンしてしまいました。それで頭が真っ白になっている間に、ターン2〜3〜4と、どんどんポジションを落としてしまって……」

 首位に立ったのはチームメイトのタイ人ドライバー、アレクサンダー・アルボン。2位にベネズエラ出身のオスカル・トニオが続き、トップ2台だけが3位アントニオ・フォッコ以下を大きく引き離していく。後続は、ほぼ全車が1秒以内の僅差で続く大行列のまま周回が進んでいった。オーバーテイクの難しいバルセロナだけに目立った展開は少なく、レース1の勝者シャルル・ルクレールもスタートで9位にポジションを落としたまま、前のDAMS勢を攻略できない。


本日のレースクイーン

アップルプリティーズ
村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング