F1 ニュース

投稿日: 2016.05.16 09:19

GP2:松下、開幕戦は予想外に1点のみ「目標はチャンピオン以外、ありえない」


F1 | GP2:松下、開幕戦は予想外に1点のみ「目標はチャンピオン以外、ありえない」

 15周目を過ぎたあたりから松下はプッシュを開始、前のオリバー・ローランドのミラーに自車の姿を映してプレッシャーをかけはじめる。21周目にはローランドが交わしたセルジオ・カナマサスをメインストレートで抜いて8位へ浮上。さらに追い上げを狙っていたが、22周目のバックストレートでDRSを使って仕掛けたアントニオ・ジョビナッツィが前のショーン・ゲレールに幅寄せされ、リヤタイヤに乗り上げる形で宙を舞ってターン10の先まで、まっすぐコースオフ。コーナリング中だったアーサー・ピックを巻き添えにしながらタイヤバリアに激しく突っ込んだ。

 これでセーフティカー(SC)が導入され、26周のレースはSC先導のまま終了。リンが今季初優勝を飾り、6周目にキングを抜いていたピエール・ガスリーが2位でチェッカーを受けた。松下は追い上げのチャンスを失い、8位で1ポイントを獲得するに留まった。

「本来なら、あそこから追い上げて何台か抜けたはずです。しょうがないですね。やはりGP2は危ないレースなので、予選で上位グリッドを手に入れて上位でレースをしないといけないんです。まさか開幕ラウンドが1ポイントで終わるとは思っていませんでしたけど、クルマも自分の走りも悪くないのは確認できたし、あとはきちんと結果を出していくことだと思います」

 2016年の目標は、もちろんチャンピオンだ。そのために必要なものとは?

「もちろん目標はチャンピオンだし、それ以外はありえません。そのためには毎回きちんとポイントを獲らないといけないので、まずは予選でポールポジションを狙って、最低限でもトップ5に入ること。そうすればレース1で表彰台に乗って、(リバースグリッドの)レース2でも表彰台が狙える。そういうレースをしていかないといけないと思っています。今シーズンを迎える前にセットアップ面でもドライバーとしてのトレーニング面でも、いろんなことをやって十分に準備はしてきました。自信はあります」

 バルセロナで得た結果は1ポイントでしかなかったが、松下は決して気落ちしていなかった。チャンピオンを目指し、すでに次のラウンドへ目を向けているのは、それができるという自信があるからこそ。次のモナコ以降の戦いに期待したい。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

ACRE&SPIRIT
水瀬琴音(みなせことね)

F1 Photo Ranking

フォトランキング