F1 ニュース

投稿日: 2016.07.02 21:48

予選Q1速報:ロズベルグ修復が間に合って首位、クビアトの大事故で赤旗


F1 | 予選Q1速報:ロズベルグ修復が間に合って首位、クビアトの大事故で赤旗

 F1オーストリアGP、予選Q1は気温27度、路面53度のドライコンディションでスタート。フリー走行3回目でクラッシュしたニコ・ロズベルグはガレージで修復作業が続いていたが、開始5分ごろにマシンへ乗り込み、いきなり最初のアタックで首位を奪い、トップで通過した。

 セルジオ・ペレスは右リヤのサスペンションが壊れ、ガレージへ。すでに1分07秒657のタイムを記録していたためQ1落ちは免れたが、マシンを降りて修復を待つことに。

 終盤、トロロッソのダニール・クビアトが右リヤサスペンションの破損により、大クラッシュ。ドライバーは自力でマシンを降りたものの、クルマは大破しており、残り1分44秒の時点で赤旗中断となった。

 セッションは14時32分に再開、まもなくトロロッソのカルロス・サインツJr.が白煙を上げて、ストップ。これでセクター1とセクター2がイエローとなっていたが、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは自己ベストタイムを更新したため、審議対象となっている。

 マノーのパスカル・ウェーレインが10位で通過。マクラーレン・ホンダの2台もQ2へと進出している。


関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
兎咲香(とざき かおり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング