Blog ニュース

投稿日: 2018.06.12 21:35
更新日: 2018.06.22 10:14

【ブログ】Shots!上機嫌なビルヌーブはなかなかレアかも/F1カナダGP2回目


Blog | 【ブログ】Shots!上機嫌なビルヌーブはなかなかレアかも/F1カナダGP2回目

トップ快走のベッテル選手からドーンと遅れての6位のキミ・ライコネン選手。
まあ、よくある展開でもありますけど、どのような理由があるにしてもチームメイトと差があるということは残念です。

ルイス・ハミルトン選手、序盤からペースが遅くてそのまま淡々と走っていたように見えたのですが、後から聞くとPUの温度管理がうまくいかず四苦八苦しながらの走行だったそうで……
5位でも完走できて良かったとのコメント、チャンピオンシップを考えるとまさにその通りです。

外から見ているのと、実際に走っているドライバーがやっていること、チームのいろいろなオペレーションだったりは全くわからないところで仕事をしているわけです。
だから、ドライバーやチームの人達のやっている研ぎ澄まされた苦労というのは、我々外からは見えないんですよね。
多分、メルセデスのハミルトン選手のPU担当のスタッフは、ドキドキしながらなんとか温度を下げようと必死に方策を考え、ハミルトン選手もなんとか少しでも上位で完走できるようにマシンを労わりながら走るわけです。
トラブルがありつつも5位でチェッカーを受けた時は、達成感があるんでしょうね。
コース脇で見ていてもテレビで見ていても、その内情というのはわかりません。
淡々としてつまらないなあ~~~って寝てしまうという気持ちもよくわかります。

その、ドライバーがやっている神わざドライビングにしてもなかなか言葉では言い表せないし、チームがやっていることも、本当の最先端の技術や作戦などは外には公にしないものだから、伝えることも出来ないし・・・
時間が経って、あの時はこうだったと関係者から聞く内容の面白さったら素晴らしいんですけどね。

その辺りの、ジレンマと言いますか、伝わりにくさがモータースポーツの報道の歴史でもあると思うんです。
だから???どうしましょ……

宣伝ではないんですけれど、小松さんが書いているAUTOSPORTwebのコラムはだから面白いんですよね。
ぜひ、読んでみてください!

頑張ったのは、シャルル・ルクレール選手です!
10位でまたポイント獲得でした!素晴らしい!

ザウバーがかっこよく見えてきたし。

フェルナンド・アロンソ選手の300戦目のグランプリは、リタイアとなりました。
ルノーPUアップデートしたものの、マクラーレンには有利にならず終わってしまいました。
同じPUのレッドブルやルノーが良かったことを見ても、マクラーレンシャーシにとってこのコースは不得手だったということなんでしょうね。

アロンソ選手は、この後ルマンでトヨタのマシンに乗り中嶋一貴選手と優勝を狙います、でも小林可夢偉選手にも勝って欲しいしなあ……
こちらも楽しみにしたいですよね、やっぱり!

セルジオ・ペレス選手のタコ踊りコースアウト。
たまたま、車がいないところでコースに戻れてラッキーだった?のか?


Blog News Ranking

    本日のレースクイーン

    ADVICS muta Racing fairies
    藤井マリー(ふじいまりー)

    Blog Photo Ranking

    フォトランキング