F1 ニュース

投稿日: 2018.08.06 08:14
更新日: 2018.08.06 08:36

「フェルスタッペンとの扱いの違いがリカルドをルノーに向かわせた」。レッドブル離脱の決断に元F1ドライバーが理解示す


F1 | 「フェルスタッペンとの扱いの違いがリカルドをルノーに向かわせた」。レッドブル離脱の決断に元F1ドライバーが理解示す

 2017年10月、フェルスタッペンは、2020年末までレッドブルに残留するという契約を高額で締結した。チーム首脳陣の気持ちは才能あふれるフェルスタッペンの方に向きつつあり、リカルドのことは控えのような扱いをしているとパーマーは話す。

「僕が思うに、レッドブルでのリカルドはフェルスタッペンの陰に隠れつつある。彼(リカルド)も、おそらくそれを感じているのだろう。それならば、そこにい続けるのは危険だ」

 しかしルノーではそういった事態にはならない。経験豊富なニコ・ヒュルケンベルグのパートナーになるとはいえ、2019年はリカルドがナンバーワンドライバーとして活躍するだろうことに、疑いの余地はない。

「リカルドは、彼を大事に扱うであろうチームに加入することになる。チームが前進を遂げるうえで、彼には大きな期待をかけられている」

「チームにとっては原動力であり、そのことは彼がルノーに行くうえでは良いことだ。チームが技術的には少々、遅れを取っているのは確かだが」

 リカルドは、自分にとって最大の目標はF1チャンピオンになることであり、次に在籍するチームとしてはそれを実現する見込みのあるチームを選ぶと常々主張してきた。しかしパーマーは、今回の交渉においては金銭面が大きな役割を締めていたと考える。

「昨年フェルスタッペンがレッドブルへの残留を決める際に多額の契約金を得た。そういう意味で、金銭面がひとつの要因になったのだと思う」

 フェルスタッペンは契約延長にともなって、サラリーが大幅に上昇した。レッドブルはリカルドに関しては同様の契約金引き上げを提示しなかったために、リカルドが移籍を決めたとの見方もなされている。

 リカルドの離脱により、レッドブルのシートには空きができたことになる。ルノーを離れることになったカルロス・サインツJr.が、このシートの最有力候補となっている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング