F1 ニュース

2016.09.08

メルセデス、鬼門シンガポールに「自信を持っては臨めない」


F1 | メルセデス、鬼門シンガポールに「自信を持っては臨めない」

 上位から遠く離されてフィニッシュした昨年のレースを振り返り、メルセデスは今年シンガポールに自信を持って向かうことはできない。

 メルセデスは昨年、マリーナ・ベイ・ストリートサーキットでシーズン最悪の週末を経験した。ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは予選で3列目を獲得するのがやっとで、ポールシッターのセバスチャン・ベッテルからは1.5秒も離されていたのだ。

 シンガポールの暑さによってスーパーソフトタイヤを機能させることに苦しんだメルセデスは、フェラーリとレッドブルに勝利争いを許してしまった。

 ロズベルグはやっとの思いで4位を獲得した一方で、ハミルトンはパワーユニットの奇妙な故障が原因でリタイアを余儀なくされた。「僕たちは自信満々でシンガポールには向かえない。去年大敗したからね」とロズベルグは言う。

「予選では1.5秒離されたと思う。とてつもない差だ。ここ2年間で最も難しいレースだったね。だからシンガポールGPの週末は極めてチャレンジングなものになると思う」

「僕らは進歩を果たしたと思うけど、1.5秒も差があったんだから簡単じゃないよ」

 メルセデスのボスであるトト・ウォルフは「我々は昨年、競争力がなかったが、理由は分かっていると思う」と述べた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
辻井美香(つじいよしか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング