レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.09.07 07:05

メルセデス、ワイドな来季F1タイヤを初テスト。ライコネンも初登場

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | メルセデス、ワイドな来季F1タイヤを初テスト。ライコネンも初登場

 フェラーリとレッドブルに続き、メルセデスが2017年用F1タイヤの開発テストを開始した。今週は同時にフェラーリもテストを行っている。

 来季F1マシンのペースを大幅に向上させるためのレギュレーション変更に伴い、ピレリは今より25パーセント幅広いタイヤを導入する。その開発のため、3チームが来季のダウンフォースを考慮してモディファイした2015年型マシンを使用して10回にわたってテストを行う予定となっている。

 フェラーリとレッドブルはすでに8月にテストを行っており、第3回および第4回テストは、9月6~8日にメルセデスがポール・リカールで、6~7日にフェラーリがバルセロナで行う。どちらも初日はドライコンディションの下で走行が行われた。

ピレリF1タイヤ、2016年版と2017年版の比較
ピレリF1タイヤ、2016年版と2017年版の比較

 メルセデスからはパスカル・ウェーレインが参加し、3日間すべて走行する予定。初日、ウェーレインは134周を走った。
 フェラーリは初日はキミ・ライコネンが担当、111周を走行している。翌日はセバスチャン・ベッテルがテストに参加する。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース