F1 ニュース

投稿日: 2019.06.29 10:52

レッドブル・ホンダF1密着:上位ドライバーが影をひそめたF1オーストリアGP初日。まだ楽観できないガスリーの3番手


F1 | レッドブル・ホンダF1密着:上位ドライバーが影をひそめたF1オーストリアGP初日。まだ楽観できないガスリーの3番手

「今日は1回目のフリー走行からマシンの感触が良くて、マシンをプッシュできた。先週のフランスGPよりもかなりいい感じだし、ポジティブな一日だった」

 そう言ってF1第9戦オーストリアGPの初日を振り返ったのは、前戦フランスGPが母国グランプリだったのにも関わらず、予選・レースともに満足のいく結果を出せなかったピエール・ガスリーだ。ドライバーとしての母国グランプリは終えたが、今週はチームにとってホームレース。2週連続で不甲斐ない結果を残すわけにはいかない。プレッシャーがかかる中、ガスリーは初日3番手につけた。

 ガスリーがマシンに好感触を得ているのには理由があった。初日3番手は、ガスリーがレッドブル・ホンダに来てから、初日の成績としては最高位だったからだ。今シーズンのガスリーの初日の順位は、次の通りだ。

開幕戦オーストラリアGP→4番手
第2戦バーレーンGP→12番手
第3戦中国GP→10番手
第4戦アゼルバイジャンGP→9番手
第5戦スペインGP→7番手
第6戦モナコGP→4番手
第7戦カナダGP→12番手
第8戦フランスGP→8番手

 ただし、ガスリーは「順位は3番手だけど、トップ(シャルル・ルクレール/フェラーリ)からはまだ0.4秒遅れているから、明日に向けてマシンからさらにペースを引き出せるよう、今夜作業を怠らないようにしないといけない」と引き締めていた。

 ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターも「通常、上位にいるはずのドライバーの名前が今日は見当たらないので、喜ぶのはまだ早いです」と、タイムシートの結果がそのまま実力を現したものではないことを示唆する。

■マックス・フェルスタッペンのクラッシュは、今後のレースに影響か


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
橘香恋(たちばなかれん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング