F1 ニュース

投稿日: 2019.10.06 16:18
更新日: 2019.10.06 16:19

不運の連続にも腐らず母国GPを全力で走ったクビアト。グリッド降格のない鈴鹿でダブル入賞を狙う/トロロッソ・ホンダF1コラム


F1 | 不運の連続にも腐らず母国GPを全力で走ったクビアト。グリッド降格のない鈴鹿でダブル入賞を狙う/トロロッソ・ホンダF1コラム

 F1第16戦ロシアGPはダニール・クビアトにとって大切な母国グランプリだったが、一筋縄ではいかないことはレース週末を迎える前から分かっていた。今後の残り6戦に向けて、スペック4のパワーユニット(PU/エンジン)をもう1基投入することが決まっていたからだ。つまり、最後尾からのレースになることだ。

 シンガポールから直接モスクワへ飛び、1日だけのオフを満喫して水曜日にソチへ入って来たクビアトは、それでもリラックスした表情をしていた。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

TOYO TIRES
水口みか(みずぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング