F1 ニュース

投稿日: 2019.10.27 07:31
更新日: 2019.10.27 08:47

ポールポジションのフェルスタッペン、黄旗無視の疑いで審議対象「減速しなかった」と自ら認める:F1メキシコGP


F1 | ポールポジションのフェルスタッペン、黄旗無視の疑いで審議対象「減速しなかった」と自ら認める:F1メキシコGP

 F1第18戦メキシコGPでポールポジションタイムを記録したレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、イエローフラッグ掲示下で減速しなかった疑いが持ち上がり、スチュワードが審議を行っている。

 予選Q3終了間際にバルテリ・ボッタスがターン17で大クラッシュを喫した。各マシンが最後のアタックを行っていたが、イエローフラッグが出たことで、最後に減速しなければならなかった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム