F1 ニュース

投稿日: 2016.10.10 13:25

フェラーリF1代表、ベッテルの来季以降に触れる。ベッテルは「問題は何もない」とスルー


F1 | フェラーリF1代表、ベッテルの来季以降に触れる。ベッテルは「問題は何もない」とスルー

 フェラーリF1のチーム代表であるマウリツィオ・アリバベーネ(写真左)が、ベッテルは来季以降、チーム内での立場を自分で築き上げる必要があるとの発言をしている。これについてベッテルは、代表との不和など解決すべき問題は何もないとの考えを示した。 

 6月にバクーで行われたヨーロッパGPの後(オーストリアGPからマレーシアGPまで)、ベッテルは1度の表彰台と57ポイントを得ているが、同期間でチームメイトのキミ・ライコネンは79ポイントを獲得。不調の続くベッテルに関して、アリバベーネはスカイスポーツ・イタリアに以下のように語っている。

「セバスチャンとは(2017年末まで)契約がある。今季、来季は共に協力して仕事に取り組んでいき、来シーズン中は様子を見ることにする。我々にはそれぞれの目標があるので、誰であろうと立場とサラリーは自身の手で得ていくべきだという考えは、間違っていない」

 この発言についての意見を求められたベッテルは、英AUTOSPORTに対して次のように述べた。

「(アリバベーネが何を言ったかは)まだ聞いていないけれど、総じて僕は、彼との率直で正直な関係を楽しんでいる。もし僕も何か気に入らないことがあれば彼に伝えるし、同様にその逆になることもある。僕らの間には何の問題もなく、解決すべきことなど何もない。僕らは同じ目標の達成に集中している。レースに勝ち、特に将来的にさらなる強さを得ることが、主な目標なんだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
藤高つばさ(ふじたかつばさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング