F1 ニュース

投稿日: 2020.10.17 06:57
更新日: 2020.10.17 06:59

2021年F1カレンダー案が明らかに。バーレーンで開幕、サウジアラビアGP初開催で全22戦の計画


F1 | 2021年F1カレンダー案が明らかに。バーレーンで開幕、サウジアラビアGP初開催で全22戦の計画

 FIA(国際自動車連盟)は10月9日、リモートによる世界評議会を開催し、主要世界選手権の2021年カレンダーについて協議した。ここでWEC、WRCなどいくつかのカテゴリーのカレンダーは決まったものの、F1については、新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延が収束していないとして、暫定カレンダーの提示すらできなかった。

 今年は世界中のあらゆるモータースポーツイベントが、コロナウイルスの影響を受けた。しかしそんな中でも、来シーズンに向けては少しずつ前向きな姿勢が見られる。たとえばフォーミュラEは、1月16日にチリ・サンチアゴで開幕戦を行うことが決定している。その1週間後にはWRCが初戦モンテカルロラリーを開催し、WECは3月19日のセブリングを皮切りに、5月1日のスパ・フランコルシャン、6月12、13日のル・マン24時間、7月18日のモンツァ、9月26日の富士スピードウェイ、11月20日のバーレーンと、世界各地での転戦が決まっている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています