F1 ニュース

投稿日: 2016.11.11 18:48

FIA、F1メキシコGPでハミルトンがペナルティを受けなかった理由を説明


F1 | FIA、F1メキシコGPでハミルトンがペナルティを受けなかった理由を説明

 FIAのF1レースディレクター、チャーリー・ホワイティングの説明によると、メキシコGPのスタート直後、ルイス・ハミルトンがコーナーをカットしたにもかかわらずペナルティを受けなかったのは、その後いったんスロットルを戻して減速していたからだという。 

 メキシコでポールポジションからスタートしたハミルトンは、最初のコーナーへの進入でブレーキをロックさせ、コースを外れてランオフエリアを通過した。だが、その後方でニコ・ロズベルグとマックス・フェルスタッペンがホイール同士を当てながら競り合っていたこともあって、ハミルトンはリードを保ったままコースに復帰できた。

 ハミルトンは、このコースオフに対して何のペナルティも受けず、そのまま優勝した。しかし、フェルスタッペンは、レース終盤に3位の座をかけてセバスチャン・ベッテルと争っていた際に、同じ場所でトラックリミットを超えたとしてペナルティを科せられている。

 ホワイティングは、メキシコでのペナルティに関する経緯を説明するため、今週末のブラジルGPを前に開かれたドライバー記者会見に招かれた。その席上、彼はハミルトンとフェルスタッペンとでは、それぞれが犯したミスへの対応に明らかに違いがあった、と述べた。

「両者の間の基本的な違いは、ルイスの場合は、持続的なアドバンテージを得たと見なされなかったのに対し、マックスの場合はアドバンテージがあったことだ。ご存知のように、ルイスはスタート直後に小さなミスを犯し、コーナーをカットすることで確かにアドバンテージを得た。しかし、彼はそのすぐ後に、埋め合わせをしようと試みた」

「ターン3とターン4の間のストレートで、彼が80%までスロットルを戻し、そのアドバンテージを返そうとしたことが(データから)確認されている。そして、約1分後にはセーフティーカーが出動し、いずれにしても彼のアドバンテージは完全に消滅した。したがって、スチュワードは持続的なアドバンテージはなかったと判断した」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング