F1 ニュース

投稿日: 2016.11.13 17:00
更新日: 2016.11.13 17:12

F1 Topic:ザウバーF1のシート争いにリオ・ハリアントが対抗馬として急浮上


F1 | F1 Topic:ザウバーF1のシート争いにリオ・ハリアントが対抗馬として急浮上

 2017年のシート争いはいよいよ佳境に入りつつある。ルノーがジョリオン・パーマーの起用を決めたことで、そこから漏れたエステバン・オコンがフォースインディアへと行き、同じくルノーのシートを失ったケビン・マグヌッセンはハースへと移った。そこで注目が集まるのはザウバーだ。 

 ルノーはワークス体制とはいえ資金的に強固と言えず、今季途中には資金難で古いパーツを使い回したがゆえに本来の性能が発揮できないといった問題に悩まされたり、フランス側(本部・パワーユニット部門)とイギリス側(車体部門)の関係が険悪になったりといったこともあったという。

 そんな状況だけに、最終的にはパーマーが持ち込む資金が決め手になったようだ。しっかりとした結果はニコ・ヒュルケンベルグで確保し、もう1席は資金力を優先したというかたちだ。

 2017年に向けて、これで残るはザウバーとマノーの2席のみ。マノーの1席はパスカル・ウェーレインの残留が確定的で、となればチーム体制強化の進むザウバーのシート争いが激しくなる。

 ザウバーは来季、1年落ちのパワーユニットを使用することを決めている。そのため今季のトロロッソのように苦戦を懸念する声もあるが、「車体開発にリソースを集中する」という方針にも一理ある。旧型とすることで供給費用が安くなることに加え、フェラーリの2017年型パワーユニットの仕様決定が遅れるのに影響されず勝手知ったる現行型パワーユニットとギヤボックスで充分にマシン開発に時間をかけることができる。車体レギュレーションが大きく変わる2017年だけに、このメリットは大きいと判断したのだ。


関連のニュース

本日のレースクイーン

TONEモタスポサポートギャル
小林ソラ(こばやしそら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング