F1 ニュース

投稿日: 2020.12.14 00:19
更新日: 2020.12.14 00:54

フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで今季2勝目。後続に16秒の差をつけて完勝【決勝レポート/F1第17戦】


F1 | フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインで今季2勝目。後続に16秒の差をつけて完勝【決勝レポート/F1第17戦】

 12月13日現地時間午後5時10分、F1第17戦アブダビGPの決勝が行われ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがポール・トゥ・ウインを飾った。

 日没を前にしたトワイライトレースで気温は23度、路面温度は29度。パワーユニット規定数を超えたコンポーネント投入のセルジオ・ペレス(レーシングポイント)は19番グリッド、ケビン・マグヌッセン(ハース)は20番グリッド、前戦の接触により3グリッド降格ペナルティを科されたシャルル・ルクレール(フェラーリ)は12番グリッドからのスタートとなった。

 Q3進出のうち上位3台のフェルスタッペンとメルセデスAMG勢、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)、そしてルクレールはミディアムタイヤで、それ以外はソフトタイヤでのスタート。予選11番手以下ではダニエル・リカルド(ルノー)とセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、最後列のペレスとマグヌッセンの4台のみがハードタイヤ、それ以外は全車がミディアムタイヤを選んでレースをスタートした。

 スタートでポールポジションのフェルスタッペンがトップでターン1へ飛び込み、後続も大きなアクシデントはなく順位を保ったままセクター1へ。ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)はエステバン・オコン(ルノー)に先行を許して10番手に落ち、ルクレールもペースが振るわずベッテルに先行されて13番手に落ちた。しかしガスリーは2周目のターン8でインに飛び込んでオコンをパスしポジションを取り戻し、続くターン11でインを守って9番手に上がった。

 フェルスタッペンはファステストラップを刻みながら2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)をアンダーカット圏外へと押し出していく。3番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、4番手ランド・ノリス(マクラーレン)、5番手アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)、6番手サインツJr.、7番手ダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)、8番手ランス・ストロール(レーシングポイント)、9番手ガスリー、10番手オコンという順になった。

 第1スティントは各車ともタイヤをいたわるため大きな動きのない淡々とした走行が続く。その中でも6周目にはソフト勢のペースが落ち始め、アルボンはバッテリーをうまく集中させてターン8でインに飛び込み、ノリスをパスいて4番手に上がる。後方ではペースが上がらない10番手オコンがリカルドにポジションを譲る。

 ギャップが3秒となった8周目には、ボッタスに対しペースアップの指示が出される。しかしフェルスタッペンもペースを上げてギャップは3秒からさらに広がっていく。

アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)
2020年F1第17戦アブダビGP アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)


本日のレースクイーン


村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング