F1 ニュース

投稿日: 2020.12.13 11:25
更新日: 2020.12.13 11:27

レッドブル・ホンダ分析:明暗を分けた予選Q3最後のアタックで、3つのセクターをうまくまとめたフェルスタッペン


F1 | レッドブル・ホンダ分析:明暗を分けた予選Q3最後のアタックで、3つのセクターをうまくまとめたフェルスタッペン

 マックス・フェルスタッペンが2020年のF1最終戦アブダビGPで、今シーズン初、2019年の第20戦ブラジルGP以来、通算3度目のポールポジションを獲得した。

 ポールポジションのフェルスタッペンがマークしたタイムは1分35秒246。2番手のバルテリ・ボッタス(メルセデス)とは1000分の25秒差、3番手のルイス・ハミルトン(メルセデス)とは1000分の86秒差という大接戦だった。

 しかも、このタイムはQ3の1回目の自己ベストを更新していた。つまり、最後のアタックが明暗を分ける結果となった。


関連のニュース

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング