F1 ニュース

投稿日: 2016.11.25 12:54
更新日: 2016.11.25 12:58

小松礼雄F1コラム:予選7位の興奮から一転、まさかのスタート前クラッシュ。痛感した、基本の大切さ


F1 | 小松礼雄F1コラム:予選7位の興奮から一転、まさかのスタート前クラッシュ。痛感した、基本の大切さ

 今年、ハースF1チームに移籍し、チーフエンジニアとしてチームのレース部門を統括する小松礼雄氏。この終盤に来て、とにかくトラブル、アクシデントが多くなってしまったハース。今回のブラジルGPでは予選でチーム最高位の7位を獲得するも、スタート前にまさかの大クラッシュ……。その時、小松エンジニアは……。F1速報サイトでしか読めない、完全オリジナルコラム第16回をお届けします。

―――――――――――――――

予選7位の興奮から一転、まさかのスタート前クラッシュ

「走る前に歩きましょう」。痛感した、基本の大切さ

 ブラジルGP……とにかく、もったいないということしかないですね。ロマン(グロージャン)は予選で7位に入る速さがあったにも関わらず、あろうことかグリッドに向かう途中でクラッシュ。いかにウエットだったとはいえ、ありえないミスでした。

 クラッシュの瞬間は、もう言葉がなかったです。「嘘でしょ?」って。彼のことをよく知っているから、もしかしたらということは頭の片隅にありましたが、まさか実際に起こるとは。いくら難しい状況とはいえ、フルウエットタイヤを履いてゆっくりグリッドに行くだけなので、本来は何も心配することはないんですけど……。
予選で7位で期待が高かっただけに、あのクラッシュでチームの士気が下がることは避けられませんでした。

 今回のブラジルで、予選7位まで行けるという手応えは、はっきり言ってまったくありませんでした。その前の過去2戦、オースティン(予選17位/14位)とメキシコ(予選21位/17位)が特に酷かったですから。一応、アメリカGPではなんとかレースで10位まで挽回してポイントを獲れたけど、それでも速さの面では全然駄目でした。ですから、まずは普通のポジションに戻りたかったので、今回はQ2の真ん中からちょっと上あたり、12位とか14位だったらハッピーというくらいの感じでした。


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング