F1 ニュース

投稿日: 2017.01.23 12:51
更新日: 2017.01.23 12:52

休養中のマルドナド、ロズベルグの引退騒動でF1復帰を期待していた


F1 | 休養中のマルドナド、ロズベルグの引退騒動でF1復帰を期待していた

 パストール・マルドナドは、ニコ・ロズベルグの引退によるF1ドライバ―市場のシャッフルで、今年のF1に復帰できるチャンスが巡ってくることを願っていた。

 2016年のF1シーズン前に、ケビン・マグヌッセンにルノーのシートを奪われたマルドナドは、昨年末にザウバーと交渉していたが合意には至らなかった。 

 メルセデスがルイス・ハミルトンの新しいチームメイトを見つける必要が出たことで、ドライバーたちの動きが活発になる中、マルドナドはより競争力のあるF1シートの獲得に強い願望があったと語っている。

 最終的にメルセデスはバルテリ・ボッタスを選び、ウイリアムズには引退を撤回させたフェリペ・マッサが再びシートに収まり、メルセデスのリザーブドライバーであるパスカル・ウェーレインはザウバーに落ち着いた。

 マルドナドは、競争力のあるシートに戻ることしか興味が無かったので、ザウバーを追い求めることではなく、ロズベルグ後任の可能性に興味を引き付けられたと語った。

「僕はそれらのオプションを評価した。適切なプロプログラムに参加することについて、まだすべての可能性を検討中だ。当然F1は興味のあるカテゴリーのひとつだよ」とマルドナド。

「僕は復帰のチャンスがあったけど、妥当な条件で戻りたかっただけ。前回経験したことの様にはならないようにね」

「ロズベルグが引退した後、まるでドミノのようだった。僕にも良いチャンスがあったけど、良い展開にはならなかった」

「ザウバーに行く可能性もあったんだ。ザウバーは良いチームで多くの経験もあるが、困難な時期もあった」

「僕らは最終的に、どちらも満足のいく条件ではないとの結論に至った」

「ザウバーだけではなく、他多くのF1チームにとって困難な時期だった。なぜなら、彼らの選択は経済的な理由によって決定されていたからだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング