F1 ニュース

投稿日: 2017.01.22 12:12
更新日: 2017.01.22 12:13

【特集バルテリ・ボッタス】レースに一目惚れした“普通の”少年が王者メルセデスに選ばれるまで


F1 | 【特集バルテリ・ボッタス】レースに一目惚れした“普通の”少年が王者メルセデスに選ばれるまで

 ニコ・ロズベルグの電撃引退により、2017年にメルセデスF1チームに加入することが決まったバルテリ・ボッタス。彼はなぜ幼いころにF1を目指し、どのようにしてその夢をかなえ、チャンピオンチームとの契約という輝かしいチャンスを手にしたのか。メルセデスがボッタスのここまでのキャリアを振り返り、彼に成功をもたらしてきた強みを考察した。

■モータースポーツとの偶然の出会い

 6歳の男の子が人とは違う道を歩み始めたのはまったくの偶然だった。モーターレーシングの歴史のなかで我々が何度も目にしてきた、人生におけるまったくの偶然のひとつだ。

 ボッタスと彼の父親がナストラにある自宅から西に20キロメートル離れたラハティの町に向かっていた途中、通りかかったゴーカートコースでレースが行われているのに気がついた。

 ふたりはその光景に魅了されてしまい、午後の残りの時間をレース観戦に費やした。まさに一目惚れである。モータースポーツに取り憑かれてしまったその少年は、それ以来、ある野望を抱くようになった。それはゴーカートで優れた成績を残し、いつの日かモータースポーツの最高峰であるF1の世界に入り、さらにはワールドチャンピオンになることだった。

■F1チャンピオンになることが人生の目標

 それから20年後、ボッタスはF1で足場を固めるという第一関門を突破した。さらに素晴らしいことに、彼はメルセデスAMGペトロナス、“シルバーアロー”のシートを掴み取った。

「どうやったらF1でワールドチャンピオンになれるか。その問いに対する答えが分かったらいいだろうね」とボッタスは言う。

「でもたくさんの要素が絡んでくるんだ。これは個人でどうにかできる問題ではないよ」

2016年F1第17戦日本GP バルテリ・ボッタス
2016年F1第17戦日本GP バルテリ・ボッタス

 大方の意見とは対照的に、F1というのは本物のチームスポーツである。ドライバーだけが優れていても、チームだけが優れていても、そしてもちろんマシンだけが優れていても成功は収められない。

「僕らのやっているスポーツには本当にたくさんの要素が絡み合っている」ボッタスはそう語る。

「たとえ最高のドライバーであっても、シーズン中にエンジンが10回も壊れたら勝つことなんてできないよ。ドライバーとして自らのパフォーマンスに集中しなくてはいけないし、チームにすべてを捧げなくてはいけない。自分の力だけではうまくいきっこないんだ」

 F1はドライバーに対して数多くの要求を突きつける。つらいトレーニングに耐えたり、常に世間の目にさらされたり、重要なことに対する精神の集中を保ち続けるのは、F1ドライバーとして成功するために必要な個人的犠牲のうちのほんの一部である。

「でも僕は絶対に諦めない」
「タイトルを獲得するという野望を今も胸に抱いている。それを達成するためにできることすべてをやるつもりだ。現時点での人生の目標なんだ」


本日のレースクイーン

SAILUN DRIFT TEAM GIRLS
村上楓(むらかみかえで)

F1 Photo Ranking

フォトランキング