F1 ニュース

2017.03.02

F1テスト3日目:ベッテルがソフトで好タイム、アロンソは順調に周回を重ねる


F1 | F1テスト3日目:ベッテルがソフトで好タイム、アロンソは順調に周回を重ねる

 スペインのカタルニア・サーキットで行われた2017年第1回F1合同テスト3日目は、メルセデスのバルテリ・ボッタスがトップタイムをマーク。しかし、この日もっとも注目を集めたのは、フェラーリのセバスチャン・ベッテルがソフトタイヤで出したタイムだった。

 ボッタスは午前中にウルトラソフトタイヤでベストタイム1分19秒705を記録。一方、ベッテルは午後にソフトタイヤでボッタスよりコンマ247秒遅れのタイムを記録した。

 ベッテルは大部分の時間をピレリのミディアムタイヤで走行し、昼休みから1時間半後にベストタイムを出した。 

 しかし、残り9分を残すところでベッテルはフィニッシュライン近くで停止して赤旗が出てしまい、早めのテスト終了となってしまった。

 ルイス・ハミルトンは午後にボッタスからテストを引き継ぎ、フルレースシミュレーションを実施。ミディアムタイヤとソフトタイヤを使用し、ソフトタイヤで1分22秒175のベストタイムを記録した。

 しかし、ハミルトンの走行は2度の赤旗で中断されてしまった。最初はトロロッソのカルロス・サインツJr.がターン4でコースを外れたとき、2度目はその数分後にウイリアムズのランス・ストロールがクラッシュしたときである。

 ストロールはテスト2日目にスピンを喫してテストの中断を余儀なくされ、3日目も昼休み前に中断があった。その日、ストロールはターン5の出口でコースアウトし、バリアに衝突。ウイリアムズFW40のフロントエンドを損傷し、その週3度目の赤旗の原因になってしまった。

 このクラッシュが原因でウイリアムズは2日連続でテストプログラムを早めに切り上げることになってしまった。

 ベッテルは、テスト終了間際に自身の赤旗があったものの、その日の最多周回となる139周を走行し、続いてザウバーのマーカス・エリクソンが126周を走行している。

 ハミルトンは95周を走行し、メルセデスの3日目の合計周回数は170周となった。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング