F1 ニュース

2017.03.06

F1 Topic:メディアからバッシングも。マクラーレン・ホンダ、気になる現状


F1 | F1 Topic:メディアからバッシングも。マクラーレン・ホンダ、気になる現状

 メルセデスAMGが相変わらずの速さと信頼性の高さを披露した1回目のバルセロナ合同テスト。しかし、日本人にとって、もっとも気になるのはマクラーレン・ホンダの状況だろう。 

 結果だけをなぞれば、4日間のベストタイムの総合成績は21人中、バンドーンが17位、アロンソは18位。トップのボッタスとのタイム差は、それぞれ2.871秒と2.893秒。走行距離では昨年の1196kmを230km下回る968.24kmにとどまった。

 そのため、スペインの大手新聞のマルカは「マクラーレン・ホンダの悪夢は続く」と報じ、ASは「マクラーレン・ホンダは昨年よりも周回数が少なく、悪くなっている」と伝えた。テストが行なわれているのがアロンソの地元スペインということもあり、スペインのメディアがこぞってホンダ批判を繰り返したため、不安はさらに増幅されてしまった。

 だが、結果を冷静に分析すれば、ベストタイムでは昨年はトップのベッテルから23人中18番手のアロンソが3.192秒、22番手のバトンが3.925秒離されていた。つまり、今年はすでにコンマ3秒から1秒、差が縮まっているのである。

 マクラーレン・ホンダよりも懸念されるのはレッドブルとフォース・インディアで、昨年は1回目の段階で2チームともメルセデスAMGより速いタイムを刻んでいたが、今年は上回れないまま1回目のテストを終えた。フォース・インディアに関していえば、開発ドライバーのセリスですら、昨年はベストタイムでメルセデスAMGの2人より速かったのに、今年は21人中、最下位に終わった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング