モタスポブログ

2018.01.30

“アメリカン・レーシングスピリット”を感じたデイトナ。交流戦実現はどちらが先か/デイトナ24時間現地ルポ3回目


 オートスポーツ本誌でもお馴染みのメカ、ハコ車&スポーツカーマニアの“ヘンタイ”カメラマン、鈴木紳平が新年早々、伝統の耐久イベント『第56回ロレックス・デイトナ24時間レース』が開催されているアメリカ・デイトナへ。現地ルポ第3回目は決勝レースのトピックスを中心にお届けします。

* * * * * * *

フロリダの風に誘われてやって来た『モータースポーツの未来を見つめる旅』の第2弾“ロレックス・デイトナ24時間レース”。

いよいよ決勝日を迎えました。スタートを前にすでにテンションはMAXを通り過ぎて下降気味ですが、力を振り絞ってデイトナブログ3回目、いってみましょう。

さぁ決勝日です。スタートは午後2時40分。まずは正午から始まるドライバーサイン会の様子をお届けしましょう。

50チームのなかで、もっとも列が長かったのがフェルナンド・アロンソ様所属のユナイテッド・オートスポーツの列。先頭に並んでいたビルさんは朝8時30分から並んでいるそう。先頭組の皆さんル・マン24時間にも興味があるようで「アロンソは今年トヨタに乗るのか?」、「ゴール3分前に止まったルマンは凄かったな」と話しかけてきてくれます。

アロンソ様が先に一人で登場です。そこら中からアロンソの名前が連呼され指笛が鳴ります。アロンソ様ちょっと照れ気味に見えます。

おっと、現段階ではとても微妙な服(トヨタ・ハイブリッド・チームウェア)を着た方が現れました。アロンソ様若干苦笑いです。

こちらはスタート前、コース上です。観客が記念にイエローライン上にサインやメッセージを書いていきます。こいうの日本でもやって欲しいですね。

ここはグランドスタンド4階最上段です。プロトタイプクラスがパレードしながらスターティンググリッドへと運ばれて行きます。この旗の中に“日の丸”がないのがとても残念です。この後先日亡くなられたダン・ガーニーさんを偲んで黙祷が行われました。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

小倉クラッチ/TAS2018
亜羽音(あはね)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

19日(Mon)

20日(Tue)

21日(Wed)

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

25日(Sun)

SBK 第1戦オーストラリア