モタスポブログ

2017.01.19

“ガンダム風”処理のヤリスWRC、見た目も好評【WRCモンテカルロ現地情報2】


“ガンダム風”の空力パーツは、実戦仕様でも健在

「レーシングカーは見た目も大事」ということで、現地のファンにヤリスWRCの容姿について直撃! 「最近は日本の文化に興味を持つ若いフランス人が増えている」という、どこかで読んだ情報を頼りに(笑)、なぜか恐竜をサービスパークまで帯同させていた、この近くから来たというグループに聞いてみたら、「ナイスルッキングだ」という声が!

ヤリスWRCはフランスの方にも「ナイスルッキング」と好評
ヤリスWRCはフランスの方にも「ナイスルッキング」と好評

「トヨタのWRC活動はフランス国内でも注目されているよ」とのこと。これはトヨタとしてもいいところを見せないといけませんよ~。英語とフランス語と日本語がミックスするなかでの強引なやり取りでしたが(笑)、みなさん、ありがとうございました。Merci!

ヤリスWRC実車は、想像よりコンパクトな印象
ヤリスWRC実車は、想像よりコンパクトな印象

 ヤリスの現車を目の前で見ると、意外とコンパクト。ただ、3D形状のリヤウイングとリヤフェンダーのボリュームにはかなりの威圧感があります。ダンパーはフランスのBOS製(別体タンクの上部にロゴあり)で、いわゆる「倒立式」。

“ガンダム風”の空力パーツは、実戦仕様でも健在
“ガンダム風”の空力パーツは、実戦仕様でも健在

 マニュファクチャラーによっては別体タンクがアッパーマウントの近くに取り付けられている場合もあるそうですが、ヤリスは下のほうに装着。

ヤリスWRCのダンパーは写真で見るよりも“ぶっとい”
ヤリスWRCのダンパーは写真で見るよりも“ぶっとい”

 このほうが重心は低くなり、ダンパー本体と別体タンクの距離が短くなることでレスポンスも上がりますが、いわゆる「バネ下重量」は増えるので、一長一短。エンジニアの哲学が現れるパーツのようです。あと、ダンパーは写真で見るより“ぶっとい”です!

トヨタはシェイクダウンを無事に終了。明日以降の本戦に備える
トヨタはシェイクダウンを無事に終了。明日以降の本戦に備える

 トヨタのホスピタリティの内部は19日にお伝えする予定。このあと取材班はモナコへ飛びます。

(Kazukiyo Takahashi/auto sport)


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング