海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.04.14 10:46
更新日: 2017.05.29 18:10

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2017 第1戦セパン レースレポート


海外レース他 | ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2017 第1戦セパン レースレポート

2017年4月14日
プレスリリース

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2017、セパンで開幕アジア、ヨーロッパ、中東より集ったチームが頂点の座をめぐって激突

【2017年4月8日、クアラルンプール(マレーシア)】
 このたび、ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2017が開幕しました。初戦の舞台は、かつて同シリーズがデビューを飾った記念すべきマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキット。

 同サーキットを訪れるのは、今年で6年目となります。GTへの転向を目指すプロドライバーにとって重要なアジアシリーズには、これまでヨーロッパ大陸および中東のスーパートロフェオ・シリーズで闘ってきたドライバーたちも含め、世界各地のチームが参戦します。

 全長5.54kmを誇る伝説のトラックを舞台に繰り広げられたのは、世界が注目するランボルギーニのワンメイク・シリーズならびにブランパンGTシリーズ・アジアのマレーシア戦。

 ブランパンGTシリーズ・アジアのオープニングでは、ランボルギーニ・ウラカンGT3で参戦する5チームが火花を散らします。

 セパン戦は、今シーズン予定されているスーパートロフェオ・アジアシリーズ全6戦の初戦。なお、最初の5戦はアジアを代表するレーストラックで行われ、第6戦およびワールドファイナルはイタリアのイモラ・サーキットにて開催予定です。

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2017 セパン
ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ2017 セパン

 本戦の第1レースに向けて各チームが準備を進める中、湿度がさらに上昇。スーパートロフェオ恒例となったローリングスタート方式により闘いの火蓋が切って落とされると、ウラカン・スーパートロフェオのエンジンが一斉に轟音を上げ、メインストレートを疾走しました。

 1周目は、ハリャントがPROチームのオーストラリア出身ベン・ゲルセコウスキー(ライパート)を抜いて総合5位に浮上。

 一方、同じくオーストラリア出身のリチャード・ゴダード(FFFレーシング・チーム)も9位から14位へと順位を下げ、フィンランドのPRO-AMドライバー、ミコ・エスケリネン、ビル・ン、キース・チャン、ムローニ、スパチャイ・ウェーラボールウォーンポンに先行を許します。

 降り出した雨で滑りやすくなったトラックでは、息を呑むような競り合いが続出し、観客を沸かせました。


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング