海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.04.19 16:54
更新日: 2016.04.19 16:56

好走を見せた琢磨、5位獲得は予選前のセッティング変更が功を奏す


海外レース他 | 好走を見せた琢磨、5位獲得は予選前のセッティング変更が功を奏す

 トヨタ・グランプリ・オブ・ロングビーチは、佐藤琢磨が2013年に日本人ドライバーとして初のインディカー・シリーズでの優勝を飾ったレースだ。琢磨とAJフォイト・レーシングは、そのゲンがいいコースで今季初となるトップ5フィニッシュを達成した。

 予選順位は8番手だった。プラクティスは金曜に45分間が2回と、土曜日の予選前に同じく45分間で一度行われたが、琢磨はセッティングを変更してもクルマが思ったようなものに仕上がっていかず、ストレスを募らせていた。

 こういう状況でも琢磨は徹底的に粘る。プラクティス3回で得られた彼と、チームメイトのジャック・ホークスワースのデータをすべて見直し、エンジニア集団と新セッティングを考案したのだ。当然、そのセッティングでの実走行はなしに、予選でブッツケ本番となるワケだが、プラクティスまでの走行で得た情報を基に、理論的な対策を施した新セッティングは思惑通りにマシンのフィーリングを向上させた。

 水を得た魚のように、琢磨は予選第1セグメントのグループ1を走行。開幕戦では果たせなかったセグメント2進出を果たした。勢いに乗ってセグメント2も乗り切りたいところだったが、琢磨の今シーズン初のファイアストン・ファストシックス進出はならなかった。

 セグメント2ではインディカーの計時システムにトラブルが発生。全員が2周ほどを走った後にラップタイムをリアルタイムで知ることができなくなった。12人のドライバーたちに残された道は、休むことなくアタックを続けることだけだった。

 10分間の予選が終わると、ようやくタイムモニターが息を吹き返した。そして、琢磨は8番手にランクされていた。コースを走っていたドライバーだけでなく、ピットにいるエンジニアたちも途中からは誰がどれだけのラップタイムで走っているのかがわからかった。琢磨はベストとなるはずだった最終ラップで、「前につっかえて少しだがアクセルを緩めた」と悔しがっていた。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

ACRE&SPIRIT
水瀬琴音(みなせことね)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング