海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.04.18 12:34
更新日: 2016.04.18 13:13

インディ第3戦:ペジナウが念願の移籍後初勝利。琢磨は得意コースで健闘


海外レース他 | インディ第3戦:ペジナウが念願の移籍後初勝利。琢磨は得意コースで健闘

 17日にカリフォルニア州ロングビーチ市街地コースでインディカー・シリーズ第3戦の決勝レースが行われ、サイモン・ペジナウがチーム・ペンスキー移籍後初となる勝利を挙げた。佐藤琢磨(AJフォイト)は得意の市街地で好走を見せ、5位でレースを終えた。

 今年で第42回目の開催となった伝統のトヨタグランプリ・オブ・ロングビーチ。全長1.968マイルのストリートコースを80周するレースは、日差しが照りつけ、気温も摂氏28度まで上がった暑い中で戦われ、ポイントリーダーとしてこのレースを迎えていたサイモン・ペジナウが優勝した。

 予選3番手で、2列目イン側グリッドからスタートしたペジナウは、序盤にパスしたスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)に1回目のピットストップでポジションを取り戻されたが、2回目のピットタイミングを燃費セーブによって遅らせ、自分より前を走るポールシッターでチームメイトのエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)とディクソンがピットインしたところで全力プッシュ。ペジナウは、ピット作業を終えてコースに戻ると、ギリギリでディクソンの前に出ることに成功。そのままゴールまで逃げ切り、チーム・ペンスキーでの初勝利を手に入れた。

 シュミット・ピーターソン・モータースポーツから名門ペンスキーに移籍して2年目。彼にとってのキャリア5勝目は、シボレー・ユーザーになってからの初勝利でもあった。

 ストリートでのレースでありながら、今日のレースでは一度もイエローフラッグが出されなかった。奇策の一切通じない、2ストップのレースは燃費とスピードの勝負となった。ペジナウはシュミット時代から共に戦ってきているエンジニアと共にプラクティスからローダウンフォースにこだわり続け、そのセッティングでレースに出ることでアドバンテージを手にしていた。

 ペジナウがディクソンのギリギリ前にピットアウトする際、彼はコースとピットを隔てるダブルラインをカットした。その行為が違反にあたるということでインディカーは審議を行ったが、警告だけがペジナウには与えられ、ペナルティは課せられなかった。

 2位となったディクソンは、「ビデオを見ていないが、チームが言うにはペジナウは4輪全部でラインをカットしており、ペナルティの対象とされるべきだったということだ」とコメントした。


本日のレースクイーン

Moduloプリティ
水瀬琴音(みなせことね)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング