海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.04.03 15:57
更新日: 2016.04.03 16:28

インディ第2戦:1マイルオーバルバトルは王者ディクソンが制し、歴代4位に並ぶ39勝目を挙げる


海外レース他 | インディ第2戦:1マイルオーバルバトルは王者ディクソンが制し、歴代4位に並ぶ39勝目を挙げる

 フェニックス・インターナショナル・レースウェイで開催されたインディカー・シリーズ第2戦。2日に行われた決勝レースは、昨年の王者スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が今季初勝利を挙げた。予選でアタックできず後方からのスタートになった佐藤琢磨(AJフォイト)は、15位でレースを終えている。

 オーバーテイクの難しい1マイルオーバルでの戦いを制したのは昨年王者のスコット・ディクソンだった。ディクソンの通算優勝回数は39回目となり、アル・アンサーに歴代4位で並んだ。

 4度王座についているディクソンだが、1シーズンに1勝以上を記録するのはこれで12年連続。11年連続でボビー・アンサー、エマーソン・フィッティパルディ、エリオ・カストロネベスの3人と並んでシリーズ歴代トップにあったが、ついに歴代単独トップに躍り出た。

インディカー・シリーズ第2戦フェニックス決勝/スタート
インディカー・シリーズ第2戦フェニックス決勝/スタート

 太陽がターン1の新しいグランドスタンドに沈もうという夕方6時15分にレースはスタート。コースレコードでポールポジションを獲得したエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)はトップを守ったが、40周で右フロントタイヤにトラブルが発生してピットに向い、大きく後退。再びトップ争いに復活することはできなかった。

 2番目にトップを走った予選3番手だったファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)は、第2スティントでカストロネベスとまったく同じトラブルに見舞われ、勝利のチャンスを失った。

 1回目のピットストップで2番手までジャンプアップしたディクソンは、96周目に難なくトップへ躍り出ると、そのままゴールまでトップを守り通した。

 250周のレース終盤、240周目にライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)がターン4の壁をヒットしてマシンの破片が散乱したが、イエローコーションは出ず。しかし、248周目に今度はルーキーのアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が同じくターン4の壁に接触。今度はフルコースコーションとなって、レースはイエローのままチェッカーとなった。

「厳しい戦いだった。マシンは本当に速かった。最後にもう一度リスタートがあっても勝てたと思う。ストレートのスピードと、ピットストップのスピード、どちらでも僕らが今日は最強だった」とディクソンは語った。


本日のレースクイーン

Moduloプリティ
蒼乃茜(あおのあかね)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング