海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.06.25 15:25
更新日: 2017.06.25 15:27

FIA F2 アゼルバイジャン決勝レース1:ルクレール、父に捧げる圧倒的な勝利、松下は12位


海外レース他 | FIA F2 アゼルバイジャン決勝レース1:ルクレール、父に捧げる圧倒的な勝利、松下は12位

 FIA F2第4戦決勝レース1が6月24日、アゼルバイジャンのバクー市街地コースで開催された。フリー走行、予選とクラッシュが多発したが、そんななかポールポジションを獲得したのは、2017年シーズンここまですべてのレースでポールポジションを獲得している驚異のルーキー、シャルル・ルクレール(プレマ)だった。2番手には日本の松下信治(ART)、3番手にはニコラス・ラティフィ(DAMS)が続いた。