海外レース他ニュース

2017.06.27

ボルボ 2017年WTCC第5戦ポルトガル レースレポート


テッド・ビョーク(ボルボS60 WTCC)

WTCCポルトガルラウンド、ボルボが3位と2位に入り、首位をキープ

 6月25日(日)にポルトガルにて開催されたFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)で、ポールスター・シアン・レーシングのテッド・ビョークは、難関な公道サーキットであるヴィア・レアルにて、2つの表彰台を獲得し、マニュファクチャラーズポイントの首位をキープしました。

メインレースで2位表彰台を獲得したテッド・ビョーク
メインレースで2位表彰台を獲得したテッド・ビョーク

 スカンジナビアン・ツーリングカー選手権(STCC)で4度チャンピオンに輝いたテッド・ビョークが、WTCCでドライバーズタイトルと4ポイント差の2位へ躍進しました。
 
 ビョークは第1レースで3位、第2レースでは、30キロのウェイトハンディにも関わらず、レースチャンピオンのノルベルト・ミケリスに挑み、2位でフィニッシュしました。

ボルボS60 WTCC 2017WTCC第5戦ポルトガル
ボルボS60 WTCC 2017WTCC第5戦ポルトガル

「私の目標は2つのレースでどちらも表彰台を獲得し、ポールスターの首位をキープすることで、今回はその通りになりました。最大のハンデが課されているにも関わらず、チームは今週末、私に最高の車と自信を与えてくれました。シーズン中盤の現在、ドライバータイトルの4ポイント差にいることにとても満足しています。」とテッド・ビョークは語りました。

 チームメイトのニッキー・キャツバーグは、ドライバーのランキングで3位に後退しましたが、2つのレースで5位以内を死守し、首位とは10ポイント差につけています。

「ホンダとのウェイトの違いを考えると、この結果は非常に前向きに捉えています。数ポイント逃してしまったとはいえ3位におり、首位ともまだ近く全く問題ありません。」と、キャツバーグは語りました。

 2017年FIAWTCCのレースの半分が終了しましたが、マニュファクチャラーズタイトルでボルボはホンダを28ポイントリードし、首位につけています。

「今週末の結果は、我々の想定以上のものでした。惜しみない労力を発揮してくれたチームの皆に感謝したいです。我々は、首位の座を維持しつつ、この素晴らしい観客のいるヴィア・レアルを去ることになります。この結果に我々は満足しているし、今後のレースの位置付けにとっても素晴らしいことです。」と、ポールスターモータースポーツ部門責任者のアレクサンダー・ムルドゼフスキー・シェドビンは語りました。

 ネストール・ジロラミは、テクニカルの問題で苦しみましたが、2つのレースでトップ10の成績を獲得しました。彼の地元アルゼンチンでの巻き返しが期待されます。

「不幸なことに、本日のレース中に振動の不具合が発生し、順位を上に押し上げることができませんでした。モロッコやモンザのように、次の地元アルゼンチンでのレースでは良い結果を残したいです。我々は前に進んでいくことに変わりはありません。」とネスター・ジローラミは語りました。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

STANCEMAGICエンジェルス/2018SGT
加藤ゆうり(かとうゆうり)

Photo Ranking

フォトランキング