海外レース他ニュース

2017.09.08

ETRC:第6戦チェコ、4戦4人の勝者誕生のなか、地元フレートライナーが10勝目


 夏休みが明け、後半戦開幕ハンガリーからの連戦となったETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップの第6戦が、チェコのアウトドローモ・モストで開催され、オープニングを王者ヨッヘン・ハーン(イベコ)が制覇。4レースで4人の勝者が誕生する週末となるなか、初の王座獲得へ向け選手権首位を走るアダム・ラッコ(フレートライナー)が日曜レース3を制し、ホームイベントとなる母国で今季10勝目を挙げた。

 土曜最初の予選でポールポジションを獲得したディフェンディングチャンピオンのハーンは、母国ファンからの大歓声を受けるラッコのフレートライナーからのチャージをスタートで封じると、ノルベルト・キス(チーム・タンクプール24レーシング/メルセデス・ベンツ・トラックス)とともに集団を引き離しにかかり、オープニングラップでキスに対しても1.3秒のアドバンテージを築いていく。

土曜の予選でレース1ポールポジションを獲得。速さを見せたヨッヘン・ハーンのイベコ

 その後方では、レース中盤に向けじりじりとハーンから離されたキスを先頭に、2番手争いの攻防が激化。女性ドライバーのシュティフィ・ハルム(ラインアート・レーシング/MAN)からのアタックをしのぎ切った3番手ラッコは、1コーナーでなぜかエンジンがカットオフされるトラブルに見舞われながらも5番手から追い上げ、5周目の1コーナーでキスをかわし、ついに2番手に浮上。

スタートの1コーナーでは中団で接触が多発し、選手権首位アダム・ラッコもドロップ

 その後も声援に後押しされるかのように毎周ベストを刻み、ハーンを追い上げたラッコだったが、3.5秒のギャップを1.4秒に縮めたところで11周のチェッカー。

 ハーン、ラッコ、キスの表彰台となり、4位にハルム、5位にアントニオ・アルバセテ(トラックスポーツ・ルッツ・ベルナウ/MAN)のリザルトとなった。

レース2、そしてレース4で活躍を演じることとなるライアン・スミス(右)とシェーン・ブレアートン(左)もサイド・バイ・サイドのバトルを展開
日曜の予選では地元のアダム・ラッコがレース3のポールポジションを獲得。スタンドは大歓声に包まれた


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

a-Girls/2018SGT
柴咲マナ(しばさきまな)

Photo Ranking

フォトランキング