海外レース他ニュース

2017.09.02

ETRC:地元キスのベンツがオープニングを制覇も、フレートライナーが3連勝


 7月中旬からの長いサマーブレイクを経て、FIAの欧州選手権であるETRCヨーロピアン・トラック・レーシング・チャンピオンシップの第5戦がハンガロリンクで再開。このオープニングとなる土曜のレース1で、地元ハンガリーのドライバーであるノルベルト・キス(メルセデス・ベンツ・トラックス)がポールポジションからの優勝を決め、詰めかけたファンを大いに喜ばせた。

 昨季の王者であり、今季からマシンをMANからイベコにスイッチしたヨッヘン・ハーンとのポールポジション争いを繰り広げたキスは、その王者を0.8秒差で下し今季3度目のポールを獲得。

 チーム・タンクプール24・レーシングのメルセデス・ベンツ・トラックスは、キス自身「あまり上手くいかなかった」というスタートでも、なんとかフロントロウに並んだ王者を抑えることに成功すると、地元トラッカーたちが集いクラクションやエアホーンが鳴り響くスタンドを前に快走を披露する。

土日ともに予選ポール獲得など、地元からの注目に応えたノルベルト・キス

 一方、4番グリッドからのスタートとなったポイントリーダー、バギラ・インターナショナル・レーシング・システムのアダム・ラッコ(フレートライナー)は、オープニングラップで同じく5番グリッドに並んだトラックスポーツ・ルッツ・ベルナウのアントニオ・アルバセテ(MAN)とのバトルでわずかにヒットされ、スピードを殺せないままコースオフ。芝生の広がるグラスエリアを辛くも切り抜け、なんとかコースへと復帰するスリリングな状況を味わうこととなった。

 その後、アルバセテを含め複数のドライバーが、規定で設定された最高速の160km/hを上回るトップスピードを計時したとしてタイム加算ペナルティを受けポジションダウン。

 結果、サマーブレイク前の前戦スロバキアでも2勝を挙げているキスが、直近5戦で3勝目となる地元勝利を挙げ、2位に王者ハーン。そして最後の表彰台となる3位には、予選でも3番手を記録していたシリーズの紅一点、シュティフィ・ハルム(MAN)が入った。

グランドスタンドには多くのトラッカーやその家族などのファンが詰めかけた
シーズン前半戦から圧倒的な強さを見せたフレートライナーのアダム・ラッコが、その速さを維持


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

pacific fairies/2017SGT
阿久津真央(あくつまお)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

14日(Sun)

東京オートサロン2018

ダカールラリー

15日(Mon)

ダカールラリー

ダカールラリー

16日(Tue)

ダカールラリー

17日(Wed)

ダカールラリー

18日(Thu)

ダカールラリー

19日(Fri)

ダカールラリー

20日(Sat)

ダカールラリー