海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.10.04 10:52

NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 2017第29戦ドーバー レースレポート


海外レース他 | NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 2017第29戦ドーバー レースレポート

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第29戦ドーバー
カイル・ブッシュが2連勝!
トヨタ勢は4人全員がプレーオフ第2ラウンド進出

 プレーオフ第1ラウンドの締めとなったドーバーラウンドでは、カイル・ブッシュが最終盤の逆転で前戦に続き2連勝。トヨタ勢は4人全員がプレーオフ第2ラウンド進出を決めた。
 
 エクスフィニティ・シリーズでは唯一のトヨタ勢プレーオフ進出ドライバーであるルーキーのマット・ティフトが最上位の6位。
 
 ラスベガスで行われたトラック・シリーズでは、プレーオフドライバーのひとり、20歳のベン・ローズが悲願の初勝利。前戦勝利を挙げた22歳のクリストファー・ベルが2位で続き、プレーオフに進んだ若手ドライバーが1-2フィニッシュを果たした。

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第29戦 Apache Warrior 400
開催日:10月1日

カイル・ブッシュが2連勝!
トヨタ勢は4人全員がプレーオフ第2ラウンド進出

 10月1日(日)、米国東部デラウェア州ドーバーのドーバー・インターナショナル・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第29戦「Apache Warrior 400」が開催された。

 シーズン終盤の10戦で上位ドライバーによりタイトルを争うプレーオフは3戦目、今大会を終えた時点で、下位の4名が脱落し、ふたたびポイントはリセットされる。
 プレーオフの1戦目ではマーティン・トゥルーエクス・Jr.が勝利、2戦目となった前戦ではカイル・ブッシュが勝利を挙げ、トヨタ勢は2人が次ラウンド進出を決めている。
 
 今季のプレーオフに進出しているトヨタ勢の残る2名、デニー・ハムリンとマット・ケンゼスも着実に上位フィニッシュを続けており、次ラウンド進出へ向け、コンクリート舗装の難コース「モンスター・マイル」ドーバーに臨んだ。

 29日(金)に行われた予選では、ここ数戦圧倒的な速さを見せているトゥルーエクス・Jr.とカイル・ブッシュがポールを争い、僅差でトゥルーエクス・Jr.が今季2度目となるポールポジションを獲得。
 
 カイル・ブッシュが2番手で最前列に並び、ケンゼスが2列目4番手、3列目に5,6番手のダニエル・スアレツとハムリン、エリック・ジョーンズが10番手と6台のトヨタ・カムリがトップ10グリッドからスタートを切ることとなった。

 10月1日(日)午後2時17分、1マイルオーバルを120周、120周、160周の3ステージ合計400周(400マイル:約640km)して競われる決勝レースがスタート。

 ステージ1序盤はトゥルーエクス・Jr.が逃げ、カイル・ブッシュはハンドリング不調で後退。しかし、途中のイエローコーション、赤旗からの再スタートでカイル・ブッシュが順位を取り戻し、ステージ1は2位でフィニッシュ。

2連勝で今季4勝目を上げたカイル・ブッシュ
2連勝で今季4勝目を上げたカイル・ブッシュ

 
 トゥルーエクス・Jr.が3位、ハムリンが10位。ケンゼスは周回遅れをかわしながらの走行でハンドリングに苦しみ13位。加えてケンゼスは、ステージ2スタート前のコーション時、ピットロードでのスピード違反を取られ、28位までポジションを落としてしまった。
 
 ステージ2もトゥルーエクス・Jr.とカイル・ブッシュ、ライバル車の間でのトップ争いが繰り広げられたが、トゥルーエクス・Jr.が2位。カイル・ブッシュは4位。ハムリンが6位。ケンゼスは14位まで戻してステージ2を終えた。
 
 最終ステージへ向け、プレーオフ第1ラウンドで誰が脱落するか注目が集まるなか、脱落ラインから大きくポイント差を付けていたハムリンとケンゼスは、この時点で第2ラウンド進出が確定となった。


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
福江菜々華(ふくえななか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング