海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.03.15 10:42

NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 2018第4戦フェニックス レースレポート


海外レース他 | NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 2018第4戦フェニックス レースレポート

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第4戦フェニックス

カイル・ブッシュが2戦連続の2位

トヨタ・カムリは5台がトップ10フィニッシュ

 砂漠の中に位置するフェニックスで行われたNASCARカップ・シリーズでは、カイル・ブッシュが最多リードラップを奪う速さを見せましたが、惜しくも2戦連続の2位。デニー・ハムリン4位、マーティン・トゥルーエクスJr.が5位。

 トヨタ・カムリは5台がトップ10フィニッシュを果たしました。エクスフィニティ・シリーズでは2度の降雨による赤旗中断に見舞われる展開の中、カイル・ブッシュが3位、シリーズレギュラーのクリストファー・ベルが4位に入りました。

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第4戦 TicketGuardian 500

開催日:3月11日

カイル・ブッシュが2戦連続の2位
トヨタ・カムリは5台がトップ10フィニッシュ

 3月11日(日)、米国南西部アリゾナ州エイボンデールのISMレースウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第4戦『TicketGuardian 500』が開催されました。

 NASCARシーズン序盤の米国西部3連戦。その2戦目の舞台は砂漠の中に位置する1マイルオーバル。昨年まではフェニックス・インターナショナル・レースウェイと呼ばれていましたが、今季よりISMレースウェイに名称が変更となりました。

 このコースでは年2回カップ・シリーズ戦が開催。2度目の開催は『プレーオフ』の最終戦ひとつ前となる第35戦で、タイトル争いにおいても重要な一戦です。ここでは2012年にデニー・ハムリンが勝利。また、昨年の第35戦では、昨シーズン限りの引退を決めていたマット・ケンゼスが勝利を挙げました。

 今季は開幕から3戦、トヨタ勢は好走を見せながらも未勝利。前戦ではカイル・ブッシュが2位に入っており、今季初勝利をめざして臨みました。

 11日(日)好天の下で午後12時16分に1マイルオーバルを75周、75周、162周の3ステージ合計312周(312マイル:約500km)して競われる決勝レースがスタート。

 今季初のポールポジションを獲得したマーティン・トゥルーエクスJr.が序盤首位を争う一方で、6.7番手スタートのハムリンとカイル・ブッシュが順調にポジションアップ。56周目にはカイル・ブッシュが首位を奪い、ステージ1を制覇しました。ステージ1はハムリンが4位、トゥルーエクスJr.が5位、エリック・ジョーンズが10位となりました。


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
宮野真菜(みやのまな)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング