海外レース他ニュース

2018.06.14

NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 2018第15戦ミシガン レースレポート


モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第15戦ミシガン

天候に翻弄されレースは短縮終了
カイル・ブッシュが最後尾から追い上げ4位

 ミシガンの高速オーバルで行われたカップ、エクスフィニティ戦共に悪天候に翻弄され、順延しての開催後、途中の降雨で短縮終了。カップ戦は最後尾から追い上げたカイル・ブッシュが4位。

 エクスフィニティ戦もカイル・ブッシュがトヨタ勢最上位の6位となりました。テキサスで行われたトラック・シリーズでは、”トヨタ タンドラ”を駆る若手勢が健闘し、終盤のピット戦略でポジションを落しましたが、18歳のトッド・ギリランドの6位を先頭に、3台がトップ10フィニッシュを果たしました。

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第15戦 FireKeepers Casino 400

開催日:6月10日

天候に翻弄されレースは短縮終了
カイル・ブッシュが最後尾から追い上げ4位

 6月10日(日)、米国北東部ミシガン州ブルックリンのミシガン・インターナショナル・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第15戦『FireKeepers Casino 400』が開催されました。

 NASCARの標準となる1.5マイルよりも長く、コース幅の広いミシガンは、予選では1周の平均速度が時速200マイル(320km/h)を越える超高速オーバルです。超高速での3ワイド、4ワイドという迫力あるバトルが繰り広げられます。トヨタ勢は過去5勝。うちデニー・ハムリンが2勝、カイル・ブッシュが1勝を挙げています。

 この週末、ミシガンは雨との戦いとなりました。前日に行われたエクスフィニティ・シリーズも降雨による順延と短縮終了でしたが、明けて10日(日)も雨に見舞われ、レーススタートは順延に。

 その後、ようやく雨が止み、トヨタ・タンドラに装着された“エア・タイタン”でコース乾燥を行い、予定されていた2時過ぎから2時間半以上遅れての午後4時45分、2マイルオーバルを60周、60周、80周の3ステージ合計200周(400マイル:約640km)して競われる決勝レースのスタートが切られました。

 8日(金)に行われた予選では、カイル・ブッシュが3番手、エリック・ジョーンズが8番手、ハムリンが10番手と好位置に付けましたが、決勝レース前の車検でこの3台は失格となり、グリッド降格。最後方からの追い上げを強いられることとなりました。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

AUTECH Race Queen/2018SGT
長沼まゆ(ながぬままゆ)

Photo Ranking

フォトランキング