海外レース他 ニュース

投稿日: 2018.07.05 06:00
更新日: 2018.07.04 19:08

NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 第17戦シカゴ レースレポート


海外レース他 | NASCAR:TOYOTA GAZOO Racing 第17戦シカゴ レースレポート

モンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第17戦シカゴ

カイル・ブッシュが最終周バトルを制し今季5勝目!

 NASCARは猛暑のシカゴで久しぶりの3カテゴリー開催。カップ・シリーズではカイル・ブッシュが最終周、接触しあいながらの激しいバトルを制し、今季5勝目を飾りました。エクスフィニティ・シリーズではスポット参戦のダニエル・スアレツが4位。トラック・シリーズではブレット・モフィットが最終周の大逆転で今季3勝目を挙げました。

Monster Energy NASCAR CUP SERIES
第17戦 Overton’s 400
開催日:7月1日

カイル・ブッシュが最終周バトルを制し今季5勝目!

 7月1日(日)、米国中部イリノイ州ジョリエットのシカゴランド・スピードウェイでモンスターエナジー・NASCARカップ・シリーズ第17戦『Overton’s 400』が開催されました。
 
 シカゴランドは2001年開設と比較的新しいコース。例年“プレーオフ”の開幕戦として戦われてきましたが、今年はこの時期に変更となりました。トヨタはこれまでに6勝。特に直近の3年は連続勝利を挙げています。カイル・ブッシュとデニー・ハムリンがそれぞれ1勝を上げているほか、マーティン・トゥルーエクス・Jr.が2016年、2017年と目下2連勝中です。トゥルーエクス・Jr.の3連勝か、ハムリンが今季初勝利を飾るか、期待がかかりました。

 1日(日)、非常に暑いコンディションのなか、午後1時34分に1.5マイルオーバルを80周、80周、107周の3ステージ合計267周(400.5マイル:約640km)して競われる決勝レースがスタートしました。

 前日行われた予選で、4番手につけたハムリンと12番手のトゥルーエクス・Jr.は、予選後の車検で失格となり後方グリッドスタートに。また、ダニエル・スアレツも予選後に規定外の調整を行ったとして後方スタートとなりました。

 トヨタ勢はエリック・ジョーンズが9番手、カイル・ブッシュが16番手からスタートを切りましたが、暑さでハンドリングを詰め切れず苦戦。そんななか、後方スタートのトゥルーエクス・Jr.が目覚ましい勢いでポジションを上げていき、ステージ1は3位フィニッシュ。エリック・ジョーンズが10位となりました。

 ステージ2もトゥルーエクス・Jr.以外のトヨタ勢はハンドリングに苦しみ、トゥルーエクス・Jr.が4位、ハムリンが9位、トップ10前後での走行を続けるカイル・ブッシュは11位となりました。

 ステージ3では、トップ10圏内につけていたハムリンが177周目に単独スピン。幸運にもどこにも接触することなく立て直しましたが、ピットインで大きく後退。また、これにより出されたイエローコーション時、スアレツもピット速度違反を取られ、ともに20位以下へと大きくポジションを落としてしまいました。

 このコーション時、クルーの迅速な作業で6位へと4つ順位を上げたカイル・ブッシュは、ハンドリングの調整も効を奏し、再スタート後一気に2位へとジャンプアップ。

 2位へ浮上したカイル・ブッシュは、じりじりと首位との差を詰めていき、208周目に出されたイエローコーション時のピットでついに首位に浮上しました。再スタート後は、今季勝利数でも争っているケヴィン・ハーヴィック(フォード)が猛追。一時はその差が1秒を切るまでに迫られましたが、その後引き離すことに成功。

 このハーヴィックをかわし、終盤追い上げてきたのがシボレー勢期待の若手、カイル・ラーソン。2台の差は充分にあるかと思われましたが、ファイナルラップ直前、首位を行くカイル・ブッシュは周回遅れに阻まれ大きくペースダウン。

 ここにラーソンが迫り、ファイナルラップのターン1から2にかけて、2台は接触。アウト側のカイル・ブッシュはバランスを崩して壁にヒットしましたが、何とか立て直して前に出たラーソンを追撃。バックストレートからターン3への進入で2台は再び接触し、ラーソンがハーフスピン。カイル・ブッシュもアウトの壁に再度ヒットしましたが、そのまま走り切ってトップチェッカー。カイル・ブッシュがファイナルラップの激しい攻防を制し、今季5勝目を挙げました。
 
 トゥルーエクス・Jr.が4位、レースを通してトップ10圏内を維持する好走を見せたエリック・ジョーンズが6位、スピンから追い上げたハムリンが7位フィニッシュを果たしました。

 次戦第18戦は7月7日(土)、米国南東部フロリダ州デイトナビーチのデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われます。

今季5勝目を挙げたカイル・ブッシュ
今季5勝目を挙げたカイル・ブッシュ

ドライバー カイル・ブッシュ

「最後は周回遅れに阻まれて勢いを失い、何とかかわしたときにはラーソンが迫っていました。あんなに詰め寄られるとは思っていませんでした。彼も私をかわすだけの余裕はなく、ターン2で接触し、私は壁に当たりました」

「バックストレートではもう駄目かと思いましたが、何とか横に並び、ターン3から4で逆転し、勝つことができました。大変な一日でしたが、決して諦めず攻め続けました。チーム全員で勝ち取った、素晴らしい勝利です」


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング