海外レース他ニュース

2018.07.11

アウディ、前身のアウトウニオン製レースカー2台をグッドウッドにエントリー


アウトウニオン・タイプC

アウトウニオンの誇るシルバーアロー、25周年を迎えたフェスティバル・オブ・スピードへ

◆アウディトラデションは『アウトウニオン・タイプC』レーシングカーと『バンダラー ストリームライン・スペシャル』を出展

◆イギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは25周年を迎える

2018年7月6日 インゴルシュタット:
 シルバーアロー(Silver Arrows)の通称を持ち、アウディの前身であるアウトウニオンが誇るレーシングカーが、グッドウッドのシルバージュビリー(25周年)を祝います。
 
 グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードは世界最大のヒストリックモータースポーツイベントとして知られ、25年目となる今年は7月12日~15日に開催されます。
 
 アウディトラディション(Audi Tradition)は100年以上にわたる自身のヒストリーから、シルバーに輝くレーシングカー2台をエントリーリストに載せました。1936年製アウトウニオン・タイプC(Auto Union Type C)と、1939年製バンダラー ストリームライン・スペシャル(Wanderer Streamline Special)です。

 グッドウッドに詰めかける20万人の観衆にとって、アウトウニオン・タイプCは旧知の仲でしょう。このクルマの出走は、これまでイベントのハイライトであり続けてきました。
 
 520psを発生するV型16気筒エンジンはドライバーの背後にミドマウントされ、かつてアウトウニオン・タイプCは340km/hという途方もない最高速に到達しました。1936年に初めて公開されたとき、このクルマはそのあまりに未来的なエンジニアリングによって、人々を驚嘆させました。同じ年、名手ベルント・ローゼマイヤーのドライビングによって、ヨーロッパ選手権とドイツ・ヒルクライム選手権を獲得しています。


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2018RAYBRIGレースクィーン/2018SGT
はらことは(はらことは)

Photo Ranking

フォトランキング