海外レース他 ニュース

投稿日: 2020.08.15 16:41

GOLDEX Racing Project 2020ユーロフォーミュラ・オープン ハンガリー レースレポート


海外レース他 | GOLDEX Racing Project 2020ユーロフォーミュラ・オープン ハンガリー レースレポート

GOLDEX Racing Project プレスリリース

ユーロフォーミュラ・オープンで日本チームがデビューウィン達成!
CRYPTOTOWER Racing Teamが、ハンガリー開幕戦を完全制覇。

各位

 全日本スーパーフォーミュラ選手権に、「GOLDEX Racing Team with B-Max」として参戦するGOLDEX株式会社(東京都品川区・代表取締役 坂本和也)は、レーシングドライバーマネジメント会社である有限会社ランブラス(東京都品川区・代表取締役 町田英明)と共に、国内外で活躍する若手ドライバーの育成と支援をテーマに「GOLDEX Racing Project」を立ち上げ様々な活動を展開しております。

 今回、新たに「CRYPTOTOPWE Racing Team」を設立し、2020年度ユーロフォーミュラ・オープン選手権に参戦。その記念すべきハンガリーでのデビューレースでポールポジションを獲得し、見事優勝を飾りましたので、ここにご報告させていただきます。

 GOLDEX株式会社は、2018年マカオGPで「Motopark Academy(ドイツ・オッシャースレーベン 代表 ティモ・ランプケイル)」をサポートする形でモータースポーツの世界に参入し、昨年は全日本スーパーフォーミュラ選手権にB-Max Racing Teamのメインスポンサーとして参戦。スーパーGTでも今年からCRAFTSPORTS MOTUL GT-Rのスポンサーを務め、またGOLDEX本庄モーターパークの運営に参画するなど、広くモータースポーツを応援し続けています。

 今回、欧州と日本のモータースポーツを繋ぐため、2020年度ユーロフォーミュラ・オープン選手権に「CRYPTOTOWER Racing Team」として、3台体制で参戦することを決定しました。同チームは、「GOLDEX Racing Project」代表である坂本和也がオーナーとなり、プロジェクトマネージャーの町田英明がエントラント代表を務めます。

 日本チームが同選手権に参戦するのはシリーズの歴史始まって以来のこととなります。ここで優秀な成績を残したドライバーには、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦する「GOLDEX Racing with B-Max」のルーキーテストに招待し、次のステップへのチャンスを与える予定です。

 今回、オーディションによって選出されたドライバーは、中国人のイェ・イーフェイ選手、アンゴラ人のルイ・アンドラダ選手です。

 19歳のイーフェイ・イェ選手は2016年フランスF4チャンピオンです。アジアF3選手権でも2019年シリーズランキング2位を獲得した実力派です。20歳のルイ・アンドラダ選手はF3やニュージーランドのトヨタ・レーシングシリーズで経験を積んだドライバーです。もうひとりのドライバーは、開幕戦がFIA-F3とスケジュールがバッティングしてしまい、今回は出場を見合わせることとなりました。

 本プロジェクトにおけるメインスポンサーの「CRYPTOTOWER」は、インドネシア企業である「PT.VISIONET DIGITAL INDONESIA社」が展開する暗号資産取引所であり、GOLDEX株式会社と共に、今季FIA-F2に参戦する佐藤万璃音を支援しているスポンサーのひとつでもあります。また、ノーズ部分とサイドのバージボードに描かれているサブスポンサーの「EIGHT COIN」は、現在取引量が増大し続けている世界的な暗号通貨です。

 8月8〜9日にハンガリーのバンガロリンクサーキットで開催されたユーロフォーミュラ・オープン選手権開幕戦は、コロナウィルス感染拡大防止対策の一環として、無観客レースとして開催されました。

 事前テストでもトップタイムをマークしていたCRYPTOTOWER Racing Teamのイーフェイ・イェ選手は、見事予選でポールポジションを獲得し、スタートから他を寄せ付けない走りを見せ、2位に7秒以上の差をつける独走優勝を果たしました。同シリーズで日本チームが優勝したのも初めてですし、中国人ドライバーが優勝したのも初めてという歴史的偉業を達成しました。

 続く第2戦もポールポジションを獲得したイーフェイ・イェ選手が巧みなタイヤマネージメントを見せてスタートから後続を次第に引き離し、優勝。両レースともファステストラップも獲得し、開幕2連戦をパーフェクトな結果で完全制覇を達成しました。

 チームメイトのルイ・アンドラダ選手はレース1を予選9番手から11位完走。レース23では予選10番手から12位完走を果たしました。

イーフェイ・イェ
イーフェイ・イェ

■イーフェイ・イェ選手のコメント
「記念すべきCRYPTOTOWER Racing Teamのデビュー戦でポールポジションを獲得し、優勝できたのは最高の結果でした。マシンはテストから好調を維持していたので、レースウィークには自信を持って臨みました。スタート直後の1コーナーで3台が並んで入ったのですが、負ける気はしませんでしたし、譲る気もなかったです。トップに立ってからは集中してアタックし続けました。攻め続けた結果、勝てたのだと思います。第2レースもスタートでトップに立てたので、タイヤをいたわりながら最後までプッシュし続けました。この勢いでシリーズチャンピオンを目指します!」

■ルイ・アンドラダ選手のコメント
「今回は僕のマシンはセットアップが決まりきらず、自分自身のパフォーマンスを発揮することなく週末を終えてしまいました。チームとしてのポテンシャルの高さは証明できたので、次は自分の番だと思って頑張りたいと思います」

●GOLDEX株式会社「GOLDEX Racing Project」代表 坂本和也のコメント
「GOLDEX Racing Projectは、モータースポーツを愛し、その楽しさを形にするプロジェクトです。若手育成からジェントルマンドライバーのサポートまで、サーキットを舞台にそれぞれが自分の人生の主役となって活躍してもらいたい、そんな想いをもって立ち上げたプロジェクトです。新型コロナウィルス拡散防止対策によって、元気を失いつつあるモータースポーツの世界を活性化させたいという気持ちもあります。
今回「CRYPTOTOWER Racing Team」がデビュー戦で完全優勝を果たしたと聞いて、思わずガッツポースが出てしまいました。日本チームがユーロフォーミュラ・オープン選手権で初優勝したのですから、喜びもひとしおです。自動車メーカーだけではなく我々プライベーターにも、F1への夢を抱く若者たちのサポートができればと思っています」

●CRYPTOTOWER Racing Team代表 町田英明のコメント
「今回、GOLDEX Racing Projectのマネージャーを任され、CRYPTOTOWER Racing Teamを立ち上げるにあたって激戦区のユーロフォーミュラ・オープン選手権をその主戦場に選びました。将来このチームから全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権や、全日本スーパーフォーミュラ選手権に参戦するドライバーが誕生することを目指して新たなチャレンジをスタートしましたが、開幕戦で優勝できたことは嬉しいというより、正直ホっとした気分でした。我々が正しい道を進んでいるのだという確信が持てたからです。レーシングカートやF4も含め、様々なサポート体制を構築し、国内外から若手育成をしていくのが「GOLDEX Racing Project」のテーマですので、皆さん、これからもCRYPTOTOWER Racing Teamの応援よろしくお願いします」


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング