レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

海外レース他 ニュース

投稿日: 2020.08.18 12:49

NASCAR:アクロニスとヘンドリック・モータースポーツが提携。2023年までの複数年契約

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


海外レース他 | NASCAR:アクロニスとヘンドリック・モータースポーツが提携。2023年までの複数年契約

2020年8月18日
プレスリリース

アクロニスとヘンドリック・モータースポーツが2023年まで提携

 サイバープロテクションのリーダーが2020年、カーナンバー88のチームとパートナーシップを締結

※本リリースは2020年8月12日にノースカロライナ州コンコードで発表されたプレスリリースの抄訳です。

 サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは、NASCARカップシリーズを12回制覇した記録を持つヘンドリック・モータースポーツと、2023年6月までのマーケティングおよび技術面での提携関係を結びました。

 2020年にアクロニスは、アレックス・ボウマン(Alex Bowman)選手が運転するカーナンバー88、シボレー・カマロZL1 1LEにおいて、3回のレースの主要パートナーとして取り上げられます。この車体は、8月22日~23日の週末にドーバー・インターナショナル・スピードウェイで行われるダブルヘッダーと、10月25日にテキサス・モーター・スピードウェイで行われるプレーオフレースに登場します。

 ヘンドリック・モータースポーツのオフィシャル・サイバープロテクション・パートナーとして、アクロニスはさらに同チームの4台すべての重要なアソシエイトパートナーとなります。2021年のNASCARカップシリーズシーズンより、ヘンドリック・モータースポーツのすべてのレースカー、ユニフォーム、設備にアクロニスのロゴが掲出されることになります。

 アクロニスの創設者で経営責任者のセルゲイ・ベロウゾフ(Serguei Beloussov)は、アクロニスのテクノロジーがヘンドリック・モータースポーツのサイバープロテクションのニーズに最適であると強く信じ、次のように述べています。

「データの消失に伴うリスクは、新たなデータが生成されるごとに日に日に増しています。さらに新型コロナウイルスのパンデミックによって、リモートワークの環境管理や保護といった新たな問題も生じています」

「ヘンドリック・モータースポーツはこうしたリスクをよく理解しており、われわれの関係によってチームがさらに #CyberFit になることは確実だと考えます。トラック上でもトラック外でも、運用効率の向上に役立つことは間違いありません」


関連のニュース