海外レース他ニュース

2016.12.14

ポルシェ セパン12時間 レースレポート


2016年12月14日
インターコンチネンタルGTチャレンジ、セパン12時間レース(セパン/マレーシア)

シーズン最終戦で911 GT3 Rが表彰台を獲得

 ドイツ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)の2016年モータースポーツシーズンは、セパン・インターナショナル・サーキットで開催されたセパン12時間レースにおいて表彰台に昇り、幕を閉じました。

 ポルシェ・ワークスドライバーのアール・バンバー(ニュージーランド)/パトリック・ピレ(フランス)/ニック・タンディ(イギリス)組は、マンタイ・レーシングのポルシェ911 GT3 Rを駆り、激しい雨の中、猛烈な追撃で2位を獲得しました。

 リヒャルト・リーツ(オーストリア)/ミヒャエル・クリステンセン(デンマーク)/フレデリック・マコヴィッキィ(フランス)組も、このインターコンチネンタルGTチャレンジ最終戦において、ヴァイザッハ生まれの500PSカスタマーレーシングカーを駆り表彰台に挑みましたが、最終的に5位に終わりました。

 30℃を超える蒸し暑い天候において、昨年のFIA世界耐久選手権で最も成功を収めたGTドライバーのリヒャルト・リーツは、アジアで最も重要な長距離レースの1つをポールポジションからスタートしました。

 しかしトップを快走したのは2015年ル・マン覇者のアール・バンバーでした。リーツより後方の3番手からスタートしていたバンバーは、13の自動車メーカーがひしめく激戦で1コーナーから首位に躍り出ました。長年マレーシアに滞在し、アジアで多くのレースに出場してきた彼にとって、クアラルンプール郊外の5.543kmのグランプリサーキットはホームサーキット同然でした。

 リヒャルト・リーツから912号車の運転を引き継いだフレデリック・マコヴィッキィは、1時間を経て最初のセーフティカー出動後のリスタートを利用して2位につけました。アール・バンバーとともにル・マン優勝を飾ったニック・タンディがハンドルを握る911号車は首位を守り続けます。

激しい雨が降るのなか夜間走行をする911号車
激しい雨が降るのなか夜間走行をする911号車


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

2018 Drift Dreamers/2018D1GP
津田知美(つだともみ)

Photo Ranking

フォトランキング