レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

海外レース他 ニュース

投稿日: 2022.06.01 15:09

住友ゴム/ファルケン 2022ニュルブルクリンク24時間 レースレポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


海外レース他 | 住友ゴム/ファルケン 2022ニュルブルクリンク24時間 レースレポート

『ニュルブルクリンク24時間レース』でファルケン・モータースポーツチームが総合9位で完走

2022年06月01日

 住友ゴムグループのファルケンタイヤヨーロッパは、5月26日から29日にドイツで開催された世界最大級のツーリングカーレース『ニュルブルクリンク24時間レース(正式名称:ADAC TOTALENERGIES 24H NÜRBURGRING)』にファルケン・モータースポーツチーム(FALKEN Motorsports)として参戦し、『Porsche 911 GT3R』33号車が総合9位で完走しました。

 参戦したポルシェ車両の中では最高位の順位となり、またファルケン・モータースポーツチームがトップ10に入るのは2014年以降9年連続となります。

 ファルケン・モータースポーツチームは、『Porsche 911 GT3R』33号車が25番手、同44号車が33番手からのスタートでした。本年のレースは快晴の空の下スタートしましたが、日中と夜間の路面温度の急激な変化や二日目の突然の降雨など、激しいコンディション変化の中でのレースとなり各所でクラッシュが多発しました。

 過酷なコースと厳しい環境が重なり完走すること自体が難しいレースでしたが、ファルケンタイヤは、ドライ・ウエットグリップ性能や耐久性能など、総合性能の高さを発揮しました。その結果、33号車は24時間、距離にして約3,984キロメートルを走り総合9位で完走を果たしました。なお、44号車および『SP3T』クラスで参戦していた『スバルテクニカインターナショナル』の『SUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2022』はリタイアとなりました。

■『ニュルブルクリンク24時間レース』結果

クラスチーム車両ドライバー順位
SP9(FIA-GT3)ファルケン・モータースポーツPorsche 911 GT3R(33号車)ジャクソン・エバンス/スヴェン・ミューラー/パトリック・ピレ/マルコ・ゼーフリート9位
SP9(FIA-GT3)ファルケン・モータースポーツPorsche 911 GT3R(44号車)クラウス・バッハラー/パトリック・ピレ/アレッシオ・ピカリエッロ/マーティン・ラギンガーリタイア
SP3TスバルテクニカインターナショナルSUBARU WRX STI NBR CHALLENGE 2022(114号車)佐々木孝太/カルロ・ヴァン・ダム/ティム・シュリック/マセール・ラッセーリタイア

関連のニュース