レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

海外レース他 ニュース

投稿日: 2022.10.21 13:58
更新日: 2022.10.21 13:59

バッバ・ウォレスがラスベガスでの“報復行為”を正式に謝罪。NASCARは1戦出場停止の厳罰処分に

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


海外レース他 | バッバ・ウォレスがラスベガスでの“報復行為”を正式に謝罪。NASCARは1戦出場停止の厳罰処分に

 10月15~16日にラスベガス・モータースピードウェイで開催された2022年NASCARカップシリーズ第33戦『サウスポイント400』にて、序盤の95周目にディフェンディングチャンピオンのカイル・ラーソン(ヘンドリック・モータースポーツ/シボレー・カマロ)と絡んだダレル“バッバ”ウォレスJr.(23XIレーシング/トヨタ・カムリ)が、壁に押しやられた報復とばかりにHMSのシボレーを“撃墜”し、マシンを降りた両者が直接対峙する『場外バトル』が勃発していた。

 これを受け、明けた月曜に自身のSNSを更新したウォレスJr.は「反省」と題した文面を投稿したが、シリーズを運営するNASCARの主催側は、罰金やポイント剥奪の制裁こそ課さなかったものの、マイアミはホームステッドで開催される今週末の第34戦『ディクシー・ウォッカ400』に向け、当人を「1戦出場停止処分とする」重い判断を降した。


関連のニュース