海外レース他 ニュース

投稿日: 2017.02.27 12:01

BTCC:BMWが21年ぶりのワークス復帰。WSRの3台にファクトリー支援を表明


海外レース他 | BTCC:BMWが21年ぶりのワークス復帰。WSRの3台にファクトリー支援を表明

 BTCCイギリス・ツーリングカー選手権にBMW125i Mスポーツで参戦するウェスト・サリー・レーシング(WSR)に対し、BMWが3年間のマニュファクチャラー・サポートを行うと発表。事実上、21年ぶりとなるワークス復帰を果たすこととなった。

 昨年もBTCCでタイトル争いを演じ、今季も3台体制でエントリーする名門WSRへ、BMWは財務面と技術面の双方からサポートを行う。

 今季のWSRには、昨年までフォード・フォーカスSTをドライブしていた2013年王者のアンドリュー・ジョーダンが移籍し、先日には14年王者コリン・ターキントンの加入も発表。そして今回、ロブ・コラードの残留もアナウンスされた。

 これにより、ターキントンとコラードはBMWバナーの入れられた、おなじみのワークスカラーをまとったマシンで戦うこととなった。

 BMWは1996年までマニュファクチャラーとしてBTCCに参戦しており、当時はチーム・シュニッツァーとしてエントリー。93年にはドイツ人のジョー・ウィンケルホックがE36型BMW320siでドライバーズタイトルを獲得している。

 BMW UKでマネージングディレクターを務めるグレアム・グリーブは、今回のシリーズ復帰に際して「21年の時を経て、再びワークスチームとして立ち上がることをうれしく思う」とコメントした。

コリン・ターキントン、ロブ・コラードの2台がワークスカラーで参戦する
コリン・ターキントン、ロブ・コラードの2台がワークスカラーで参戦する

WSRのファクトリーでラウンチが行われ、BMWワークスとなることが発表された
WSRのファクトリーでラウンチが行われ、BMWワークスとなることが発表された


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

スフィアライト
祝田加奈美(いわいだかなみ)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング