F1ニュース

2015.02.04

【解説】絵に描いたような正常進化 メルセデスW06


 2014年の最終戦アブダビGPの予選結果を覚えているだろうか。ポールポジションを獲得したのはメルセデスAMGのニコ・ロズベルグ。タイムは1分40秒480だった。メルセデスAMG以外の最上位がウイリアムズのバルテリ・ボッタスで、タイムはロズベルグからコンマ5秒以上も遅れる1分41秒025。同様のパワーユニットを使用しているウイリアムズでもそれだけの差が存在し、メルセデス・ユーザー以外の最上位だったレッドブルのダニエル・リカルドは、違反に問われたフロントウイングを使用してもコンマ8秒遅れた。