スーパーGTニュース

投稿日: 2011.11.11 00:00
更新日: 2018.02.16 05:58

12年型ポルシェ1号車、GT300チームにデリバリー


911GT3 Rの2012年モデル第1号車が日本上陸

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)が世界中のカスタマーレーシングチーム向けに開発、販売を行うレーシングマシン、911 GT3 Rの2012年モデル日本向け第1号車が11月10日(木)に日本上陸いたしました。

2010年のデビュー以来、世界中のGTカテゴリーにおいて数多くの勝利を収めてきた911 GT3 Rは、FIA GT3規格に準拠したレーシングマシンです。

4リッター水平対向エンジンはインテークシステムの最適化などにより、最高出力がこれまでと比較して20ps高い500ps(368kW)を発生します。さらにステアリングホイールに装着されたパドルシフトや、ブリッピング機能を備えたシフトプログラム、強化されたドグタイプの6速シーケンシャルトランスミッション、最適化されたトラクションコントロールシステムなどにより、ドライバビリティとコントロール性がさらに向上しています。

ポルシェジャパンおよび日本における911 GT3 Rの正規代理店であるコックス株式会社では、3台の2012年モデルを日本に輸入する予定です。

このたび日本上陸を果たした911 GT3 Rの2012年モデルは、今年HANKOOK KTRとして911 GT3 RでスーパーGTのGT300クラスにエントリーし、見事シリーズランキング3位に輝いた有限会社ケーティーアールにデリバリーされる予定です。

ポルシェ ジャパンおよびコックスでは、2010年および2011年モデルの911 GT3 Rに対して、2012年モデル スペックへのアップデートキットを販売いたします。


関連のニュース